耐衝撃、防水性を含む優秀な格安スマホ2選

“格安スマホの中ではちょっとお高めのスマートフォンとなりますが、それでも、多彩な機能を有しているため人気のスマートフォンを2つご紹介します。
最初にオススメするスマートフォンは、「FUJITU arrows M05」です。FUJITU arrows M05は、価格が「33,110円」とミドルレンジモデルでよくみられる価格帯のスマートフォンです。ですが、次のような長所があるので、どこにでもあるミドルレンジモデルのスマートフォンではありません。
FUJITU arrows M05は、ミドルレンジモデルでは珍しい「耐衝撃機能ありのスマートフォン」です。格安スマホは防水防塵機能なしのものが多く、耐衝撃性については期待しないほうがよいでしょう。ですがFUJITU arrows M05は、そんなお約束が通じない優秀な格安スマホなのです。
そもそもFUJITU arrows M05は、「アウトドア、工事現場で使うことが想定されている」スマートフォンです。なので、国産スマホの中でもタフさに余裕があるスマートフォンで、コストパフォーマンスが高いスマートフォンを探している人であれば、FUJITU arrows M05の購入を検討されたほうがよいでしょう。
FUJITU arrows M05の詳細スペックですが、「画面サイズが5.8インチ、カメラ画素数は1,310万画素、バッテリー容量は2,880mAh、RAMは3GB、ROMは32GB」となりますので、実は処理性能がほかのスマートフォンよりワンランク劣っているのです。そのため、最新ゲームなどをスマートフォンでプレイしたい・・・、このような人にはFUJITU arrows M05をオススメすることができません。
ただしFUJITU arrows M05は、「防水機能あり、おサイフケータイ機能あり」となりますので、格安スマホが基本的に備えていない機能も有しています。
次にオススメするスマートフォンは「HUAWEI nova lite 3+」です。
こちらは国産スマホなど、「スマートフォンブランドにこだわらない人」にオススメできるスマートフォンとなります。HUAWEI nova lite 3+は中華スマホとして一世を風靡した実績があるため、ただ安いだけのスマートフォンではありません。
HUAWEI nova lite 3+は、価格が「15,800円」となりますので格安スマホの中でも特に安いと思って問題ないレベルです。また、どうしてHUAWEI nova lite 3+の人気は今でも高いのか・・・というと、それは、「現在の格安スマホと比較しても性能面がよい」からです。
しかも今では、世界中で半導体不足におちいっているため、実は、ニューモデルのスマートフォンが簡単に入手できないのです。その影響もあって、HUAWEI nova lite 3+のような中古市場で人気のスマートフォンが再び人気となりました。
HUAWEI nova lite 3+の詳細スペックですが、「画面サイズが6.21インチ、カメラ画素数は1300万画素、バッテリー容量は3,400mAh、処理性能はRAMが4GB、ROMは128GB」となりますので、カメラ性能が今の格安スマホより劣る面に目をつむると、かなりゴージャスなパーツで構成されていることがわかります。
ですがHUAWEI nova lite 3+は、「防水防塵機能なし、おサイフケータイ機能なし」なので、格安スマホそのものの弱点も有しているスマートフォンです。”

5G対応スマホの「Xiaomi Redmi Note 11 グローバル版」とは?

“5Gスマホなら超高画質動画でもイライラせずに楽しむことができますので、4Gスマホから5Gスマホに買い替えて楽しむ人も増えてきています。
その5Gに対応しているスマートフォンは様々な国で多くの機器メーカーから発売されていますが、その中の一つに「Xiaomi Redmi Note 11 グローバル版」という5Gスマホがあり、旅行や長時間のお出かけでも安心して使える大容量バッテリーや被写体の細かいディテールまでも写す高性能カメラ、高コントラストかつシャープな色彩で映像の美しさと高い没入感も味わえる高精細大型ディスプレイや負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM4GB/64GBモデルが約21000円でRAM4GB/128GBモデルが約23000円でRAM6GB/128GBモデルが約27000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約159ミリ、厚さ約8ミリ、重さ約179gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはスターブルー、トゥワイライトブルー、グラファイトグレーの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが90Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.43インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 680 4G SM6225 2.4GHオタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GBモデルと6GBモデルがあり、内蔵ストレージは64GBモデルと128GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1300万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(MIUI 13)でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「GREE TOSOT G7」とは?

“5Gを日常生活に取り入れることによって様々なシーンで役立たせることができますし、実際に医療現場や自動運転などを活用する場で役立っています。
その5Gに対応しているスマートフォンには数多くの機種がありますが、その中の一つに「GREE TOSOT G7」という5Gスマホがあり、デジカメ超えの域に達した美しい映像を撮影できる高性能カメラや高精細かつ色鮮やかな画像や動画を再生する高精細大型ディスプレイ、外出先でも長時間の動画視聴を楽しめる大容量バッテリーや負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約53000円でRAM8GB/256GBモデルが約56000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約76ミリ、高さ約165ミリ、厚さ約7.9ミリ、重さ約189gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブルー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2400×1080でアスペクト比20:9の約6.67インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している4300mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 870 5G SM8250-AC 3.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.7の明るいレンズがついた約6400万画素+広角レンズがついた約800万画素+深度レンズがついた約200万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1300万画素のインカメラが搭載されています。
また、オートフォーカス、光学式手ぶれ補正、HDR、LEDフラッシュライト、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(HALO UI 6.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「Ulefone Armor 12 5G」とは?

“5Gを医療分野でいかすことによって、救急搬送中の状態を病院にライブ動画で送ることができますし、搬送中に遠隔手術といったことも可能になると思います。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くのメーカーから多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Ulefone Armor 12 5G」という5Gスマホがあり、本格的な撮影が楽しめる高性能カメラや迫力満点の映像体験を堪能できる高精細大型ディスプレイ、負荷がかかっても熱を持ちにくい高性能CPUや長時間使用でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約82ミリ、高さ約175ミリ、厚さ約14ミリ、重さ約296gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはオレンジとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度HD+ 1600×720でアスペクト比20:9の約6.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電と15Wのワイヤレス充電に対応している5180mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 700 MT6833 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約4800万画素+広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、背景ぼかし、オートHDR、手振れ補正、AIライブシャッター、ビューティーモード、AIライブストーリー、フォーカス再生、ナイトモード、ポートレートモード、超広角モード、パノラマモード、プロモード、フォトタイマー、レベリング、バーストモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「Xperia 10 III Lite XQ-BT44」とは?

“5Gのスマートフォンなら高速大容量通信によって超高画質動画でも高速ダウンロードできますし、さらには安定した接続を可能にしていますので様々なことをタイムラグなしで楽しめると思います。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Xperia 10 III Lite XQ-BT44」という5Gスマホがあり、迫力と没入感のあるゲームが楽しめる高精細大型ディスプレイや薄暗い場所でもノイズが少なくクリアな写真を撮影できる高性能カメラ、大容量メモリを搭載して遅延なくスムーズに動作する高性能CPUや旅行でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約68ミリ、高さ約154ミリ、厚さ約8.3ミリ、重さ約169gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルー、ピンク、ホワイト、ブラックの4色が用意されています。
ディスプレイはGorilla Glass6を採用して解像度FHD+ 2520×1080でアスペクト比21:9の約6インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 690 5G SM6350 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは64GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBGBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約1200万画素+望遠レンズがついた約800万画素+広角レンズがついた約800万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、オートフォーカス、光学式手ぶれ補正、デュアルトーンLEDフラッシュ、HDR、スローモーション撮影、ポートレートモード、ビューティーモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11でサイド指紋認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水(IPX5/IPX8)防塵(IP6X)やイヤホンジャック、ハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「OPPO Find X3 Pro Exclusive Edition」とは?

“4Gスマホでイライラするダウンロードやストリーミングは5Gに対応しているスマートフォンならいつでもどこでもストレスなく楽しめるでしょう。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「OPPO Find X3 Pro Exclusive Edition」という5Gスマホがあり、高クオリティの写真が誰でも簡単に撮れる高性能カメラや迫力満点の映像体験を堪能できる高精細大型ディスプレイ、オンラインゲームなどの負荷の高い3Dゲームでもサクサクと動く高性能CPUや長時間の外出などでも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は116000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.2ミリ、重さ約193gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブルー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度QHD+ 3216×1440でアスペクト比20.1:9の約6.7インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは65Wの急速充電や30Wのワイヤレス充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GB、内蔵ストレージは256GBでmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約5000万画素+望遠レンズがついた約1300万画素+マクロ撮影ができる約300万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(ColorOS 11.2)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーやDolby Atmos、防水防塵(IP68)やイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「vivo X60 Curved screen version」とは?

“5Gは4Gの約20倍の速さでダウンロードすることができますし、低遅延なのでビデオ通話やライブ中継なども5Gに対応しているスマートフォンなら快適に楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンには様々な機種がありますが、その中の一つに「vivo X60 Curved screen version」という5Gスマホがあり、動きの激しいゲームなどでより滑らかな映像を再生する高精細大型ディスプレイや薄暗い場所でもノイズが少なくクリアな写真を撮影できる高性能カメラ、タスクを高速かつ効率的に処理する高性能CPUや長時間でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約6万円でRAM8GB/256GBモデルが約65000円でRAM12GB/256GBモデルが約68000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約7.5ミリ、重さ約176gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはオーロラ、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2376×1080でアスペクト比19.8:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電に対応している4200mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはExynos 1080 2.8GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約4800万画素+ポートレート撮影ができる約1300万画素+広角レンズがついた約1300万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(OriginOS 1.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”auスマホ一覧

5G対応スマホの「ASUS Zenfone 8 Flip」とは?

“5Gはこれまでの4Gよりも超高速データ通信や超低遅延、同時多接続といったことを可能にしているため、5Gに対応しているスマートフォンを多くの人が使い始めています。
その5Gに対応しているスマートフォンには多くの機種がありますが、その中の一つに「ASUS Zenfone 8 Flip」という5Gスマホがあり、被写体が映える表現が可能な高性能カメラや極細ベゼルのワイドな液晶で画面がより広く見える高精細大型ディスプレイ、負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUや安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約83000円でRAM8GB/256GBモデルが約95000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約165ミリ、厚さ約9.6ミリ、重さ約230gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはシルバーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.6インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイにはGorilla Glass6を採用してリフレッシュレートが90Hzに対応しています。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+望遠レンズがついた約1200万画素のトリプルアウトカメラが搭載されています。
また、デュアルトーンLEDフラッシュ、HDR、ポートレートモード、スローモーション撮影、パノラマモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(ASUS ZenUI 8)でディスプレイ内指紋認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

圧倒的上位種のハイスペックゲーミングスマホ「Samsung Galaxy Note20 Ultra 5G」

“Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gは販売価格が「約14万5000円」と高いのですが、それでも、ハイスペックゲーミングスマホのランキング上位は当たり前のモデルとされています。そこで今回は、どうしてSamsung Galaxy Note20 Ultra 5Gは売れ筋なのかを、スペックも含めて案内していこうと思います。
Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gですが、安く購入したい場合はdocomoの「スマホおかえしプログラム適用で約97,000円」となります。かなり安く感じるかもしれませんが、実際は、80000円台のハイスペックゲーミングスマホが増えてきたため、価格については慎重に検討したほうが無難です。
Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gのスペックですが、「本体サイズが約165(H)×約77(W)×約8.1(D)mm、画面サイズは約6.9インチ、重量は約208g、ボディカラーはミスティック ブロンズ・ミスティック ブラック」となります。Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gの特筆すべき点は、ワイドボディのスマートフォンで重量が200gを超えているところでしょう。ハイスペックゲーミングスマホの場合、今では170~189gのものが増えてきているので、重量に関しては重い部類のハイスペックゲーミングスマホです。
しかしSamsung Galaxy Note20 Ultra 5Gは処理性能が高いため、処理性能に満足して購入される人が多い特徴があります。Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gの詳細情報ですが、「RAM/ROMは12GB/256GB、OSはAndroid 10、CPU Snapdragon 865 Plus、バッテリー容量は4500mAh」です。Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gの特筆すべき点は、CPUが最新のものになっているところでしょう。そのため、現在使用しているゲーミングスマホでは処理が重くなる・・・そんな人であれば、Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gの良さを痛感できるかもしれません。
その他の情報としては、「通信速度が受信時最大:5G 4.2Gbps /4G(LTE) 1.7Gbpsとなり、送信時最大では5G 480Mbps /4G(LTE) 75Mbps」となりますので、こちらについては、5G対応スマートフォンの中でも平均的なスペックとなっています。しかしSamsung Galaxy Note20 Ultra 5Gは、「ディスプレイがQuad HD+/Dynamic AMOLED 有機ELを採用、生体認証・指紋認証・顔認証あり」という、他の5G対応スマートフォンではあまり見られない多機能、高品質を秘めているのです。
ゲーミングスマホの特徴としては、「タッチレートが240Hz、RAM12GB搭載し、バッテリー容量が大容量、ベイパーチャンバー冷却システムあり」となります。冷却システムありなのですが、バッテリー容量はハイスペックゲーミングスマホとしては少し低いので注意してください。そのため、長時間のゲームプレイがひんぱんに発生する人には、Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gを強くオススメすることができません。”東京オリンピック開幕東京2020オリンピックのワールドワイド公式パートナーサムスン電子公式ページ

耐久性抜群!TORQUE 5G KYG01

“登山やキャンプが趣味、という方にスマホ選びはとても大切です。今回は、耐久性に優れた「TORQUE 5G KYG01」をご紹介致します。2021年3月に発売されたばかりのスマートフォンでOSは最新のAndroid11を搭載、5.5インチとコンパクトなディスプレイながらsnapdragon765を搭載したミドルレンジモデルとなっています。また最大の特長は、TORQUE史上最多となる28項目もの試験に合格した耐久性に優れたスマートフォンである点です。落としても割れにくく、汚れが付着してしまった場合には泡ソープでそのまま洗いながせる優れものです。アウトドア用としてだけでなく、普段の生活で毎日使うものなのでいつでも清潔に使えるスマホを選びたい方におすすめします。
特にキャンプや登山などで、外で使用することが多い方にとっては割れにくいディスプレイを搭載しているというのはとても重要なポイントになります。万が一、手から滑って落としてしまったなんて時に画面が割れてしまったら大変です。そうした場合に、落下時の衝撃を防ぎガラス割れを低減してくれる特別なガラスを使用しているので安心です。
他にも、温水シャワーや耐振動、氷点下の寒い時期にも安心して使うことができます。様々な試験を乗り越えて合格したTORQUE 5G KYG01だからこそ、安心して使えますね。
また写真撮影においては、TORQUE 5G KYG01という機能が搭載されているため、日時や天気などの情報も一緒に載せることができます。思い出の一枚にしっかりと日付を記入できる点は嬉しいですね。
またコンパクトなサイズでありながら、メインカメラとワイドカメラを備えたデュアルレンズ使用で暗い場所でも明るく撮影できるナイトモードも搭載しています。わざわざカメラの設定を切り替えることなく、明るく美しい景色を収めることができるのでとても便利です。またシャッターボタンを押して、端末を横方向または縦方向に動かすだけで360°広がるパノラマ撮影も可能です。登山をしたり、キャンプによく行く方にとってはとても嬉しい機能ですね。また、Action Overlayは釣った魚のサイズを計測し、名前を自動的に表示してくれる機能も搭載しています。登録してある200種類あまりの魚に限りますが、様々な情報を写真と一緒に残せるので後から見返した時にとても便利です。そして、TORQUE 5G KYG01は水中の中でも撮影できるので非常に面白いです。海の中でもプールでも思い通りの写真を簡単に撮れる、まさに優れものです。
その他、撮った写真をそのままSNSにアップしたり、QRコードの読み取りなど様々な機能をより快適に、アクティブに使える一台となっています。是非、耐衝撃に優れたTORQUE 5G KYG01を候補として考えてみてはいかがでしょうか。”詳しくはこちら