スマホの水没した時というのは焦ってしまいがち

スマホが水没した時はやっぱりもうダメなのかなとスマホを飽きらめてしまいがちです。
しかし、スマホもしっかりと対処をしておく事で復活させる可能性があります。
なので、スマホが水没したとしても諦めないでくださいね。
スマホが水没した時というのはスマホに水が入っている可能性があります。
その水がスマホに浸透をしないようにできるだけ動かさないようにしてください。
そして、ティッシュかタオルなんかで優しく水分をふき取るようにしてあげてくださいね。
スマホも、水没した時に対処をしっかりとしておけば、復活させる可能性はあるのです。
なので、水没したと焦る事なくきちんと対処ができるようにしておいてください。
SDカードなどを入れている場合はすぐに取り出す事も大切です。
データなんはが入っていますから壊したくないのですぐに取りだしましょう。
トイレ、お風呂、雨、洗濯機などなどお水没するような場所というのは身近にたくさんあります。
なので、水没しないようにできるだけ注意をしてあげてください。
そして、防水グッズなんかもしっかりと活用をしておく事も大切ですよ。
水没した時は諦めすにきちんと乾かしてから電源を入れてみてくださいね!

オンキヨー&パイオニアの楽曲転送アプリ「X-DAP Link」がプレイリスト対応

オンキヨー&パイオニアマーケティングジャパンは1日、DP-X1AやXDP-300Rなどのポータブルオーディオプレーヤー向け楽曲管理/転送アプリケーション「X-DAP Link for Windows」をVer.1.3.0にアップデートしました。プレイリスト機能を新たに追加し、新規作成や編集、プレーヤーへの転送などが行なえるようになります。同機能の利用にはプレーヤーの「Music」アプリや、本体ファームウェアの更新も必要です。対象機種は、ハイレゾスマートフォン「DP-CMX1」と、ハイレゾプレーヤーのDP-X1/X1A、XDP-300R/100R、DP-S1、XDP-30Rです。12月中旬発売予定のDP-S1A、XDP-20Rは対応済みとなっています。DP-CMX1やDP-X1A、XDP-300Rなどが搭載するAndroidアプリ「Music」は、Ver.1.8.0にアップデート。プレイリストファイル(.m3u/.m3u8)の取り込みや、X-DAP Linkを介したプレイリストのバックアップ/復元に対応します。また、ユーザーが保存したプリセットEQのバックアップ/復元も行なえます。

耳を塞がない骨伝導Bluetoothヘッドホン、UNiCASE実店舗で販売

CCCフロンティアは、骨伝導方式のBluetoothヘッドホン「AfterShokz TREKZ AIR」を、iPhoneアクセサリーなどを取り扱う「UNiCASE」の実店舗で販売します。価格は1万7880円(税抜、以下同)。11月中~下旬にはオンラインストアでも販売される予定です。「AfterShokz TREKZ AIR」は骨伝導方式のBluetoothヘッドホンで、米AfterShokzが開発、日本ではフォーカルポイントが輸入・販売を手がけている。耳を塞がないため、周囲の音をしっかりと聞けるほか、IP55の防水・防塵性能により小雨などにも対応します。「UNiCASE」で取り扱うカラーは、スレートグレー、フォレストグリーン、ミッドナイトブルーとなっています。CCCフロンティアはこのほか、シルエットが猫耳型で、しっぽのようなタッセルが付属したiPhoneケース「Tassel Tail Cat」に、11月3日発売の「iPhone X」対応版を追加、11月に発売しました。価格は4000円です。
Galaxy Mobile Japan

スマホの初期化設定をする時に必要なのは?

スマホの初期化設定もどうしてもやらなくてはいけない時もあります。
スマホの初期化をしないとデータが守れないですからね。
スマホの下取りに出したりする時などは重要になります。
最近ではスマホを下取りに出す方も増えてきています。
その理由としては、スマホを購入すると高くなるので、下取りに出して少しでもスマホ代金を安く使用と思うからです。
スマホの下取りに出すのは嫌なのですが、やっぱり人気のスマホだったら高く買取をしてもらえるのです。
そうなればやっぱり下取りに出したくなるのです。
スマホの初期化設定もやらなくてはいけない時がどうしてもでてきますが、初期化設定をする場合きちんとデータを消せるようにしましょう。
そうしないとやっぱりデータが他人に漏れてしまう恐れがあります。
最近ではやっぱり悪質な方もいます。
初期化したデータを復元してなんて人もいますから注意をしていかなくてはいけません。
初期化をする前には、絶対にデータを暗号化する事はおすすめしますね。
結構こういうのを知らない人もいるので、きちんとデータを消す前に暗号化を忘れないようにしておいてください!
データはしっかりと守りましょう!

「JAL SBIフィンテック」設立。2018年度にプリペイドカード発行

JAL(日本航空)とSBIホールディングスは10月3日東京・天王洲にあるJAL本社で共同記者会見を開き、フィンテック(金融テクノロジー)を活用した新たなサービス提供に取り組むとして、共同持株会社「JAL SBIフィンテック株式会社」を設立し共同事業を行なうことを発表しました。両社は、共同事業の第1弾として、JAL、JAL SBIフィンテック、SBIグループ傘下の住信SBIネット銀行の3社で共同事業会社「JALペイメント・ポート株式会社」を設立し、2018年に国際ブランド・プリペイドカード事業に参入します。JAL 代表取締役社長の植木義晴氏は冒頭で、2017年~2020年の中期経営計画でフルサービスキャリア事業以外でのビジネスの創造、育成をしていくことを掲げていることに言及しています。フルサービスキャリア以外でJALの強みを活かすことは大きなチャレンジとしたうえで、フィンテックを中心に革新的な取り組みを推進しているSBIグループについて「これから新たな事業領域に参入し、チャレンジしていくには最良のパートナー」と説明しました。
参照URL

LEDのドット絵でデザインアニメを楽しめるBluetoothスピーカー

Divoomから、本体前面にLEDによる表示パネルを持ったBluetoothスピーカー「Timebox mini」が、9月15日より発売されます(10月31日まではMoMA Design Storeでの先行販売。11月以降、専門店、家電量販店での販売を開始予定)。価格はオープンで、想定市場価格は¥8,000前後となります。Timebox miniは、W900×H912×D38mmの直方体の形をしたコンパクトなBluetoothスピーカーです。前面には、横11×縦11の合計121灯のLEDが仕込まれていて、そこに自分でデザインしたドット調の図柄や、動きを付けたアニメーションを表示できるという、遊び心を持った製品です。前モデルTimeboxから二回り(幅と高さで約25mm)ほどダウンサイジングしていて、デスクトップのインテリアとしての設置性も高まっています。また、LEDライトの個数は同じなので、図柄やアニメなどは、前作同様の表示が楽しめます。

スマホの初期化設定をすることで解消することも!

スマホの初期化設定なのですもやらなくてはいけない時も出てくると思います。
そんな時に初期化設定を知っておくとよかったりしますよ。
スマホのずっと使用をすることでどうしても、動きが遅くなってしまうことがあります。
スマホの中でデータがたくさんになったりすることが理由だったりします。
しかし、このスマホの動きもさくさく動くようにする方法もあったりするんですよ。
それがスマホの初期化設定なのです。
スマホの初期化設定もしっかりとやっておくことでこういった悩みを解消することができます。
スマホの初期化設定もやっぱりやるとなると怖い部分があったりしますよね。
しかし、この初期化設定もきちんとデータをバックアップをとっておけばそれほど怖いものでもありません。
スマホの初期化設定をしっかりとやっておけば、スマホの動きがよくなります。
初期化設定をするのはちょっと抵抗があるような場合は、不要なデータを消去するなんてだけでもいいと思いますよ。
でも、どうしてもスマホをすっきりさせたい場合、初期化がよかったりするかもしれませんね。
スマホも不要なデータがどんどんたまってしまうのは仕方がなかったりします。詳しくはこちら

スマホの初期化設定をする時に必要なのは?

スマホの初期化設定もどうしてもやらなくてはいけない時もあります。
スマホの初期化をしないとデータが守れないですからね。
スマホの下取りに出したりする時などは重要になります。
最近ではスマホを下取りに出す方も増えてきています。
その理由としては、スマホを購入すると高くなるので、下取りに出して少しでもスマホ代金を安く使用と思うからです。
スマホの下取りに出すのは嫌なのですが、やっぱり人気のスマホだったら高く買取をしてもらえるのです。
そうなればやっぱり下取りに出したくなるのです。
スマホの初期化設定もやらなくてはいけない時がどうしてもでてきますが、初期化設定をする場合きちんとデータを消せるようにしましょう。
そうしないとやっぱりデータが他人に漏れてしまう恐れがあります。
最近ではやっぱり悪質な方もいます。
初期化したデータを復元してなんて人もいますから注意をしていかなくてはいけません。
初期化をする前には、絶対にデータを暗号化する事はおすすめしますね。
結構こういうのを知らない人もいるので、きちんとデータを消す前に暗号化を忘れないようにしておいてください!
データはしっかりと守りましょう!

キヤノン、スマホ連携のフォトプリンター新機種「SELPHY CP1300」

キヤノンは、写真専用プリンター「SELPHY CP1300」を10月上旬に発売します。同社直販価格は1万3800円(税抜、以下同)となります。「SELPHY CP1300」は、L版サイズまでの写真印刷に対応する小型の昇華型プリンターで、Wi-Fiで接続して、スマートフォンで撮影した写真をプリントできるようになります。前モデル「CP1200」との違いはディスプレイです。2.7インチから3.2インチへと大型化し、メニュー画面のユーザーインターフェイスを改善。検索では日付による画像の絞り込みなどに対応しました。スマートフォンとの連携では専用アプリのほか、iOSの「AirPrint」や、Android 8.0が標準搭載する「Mopria」をサポートします。さまざまなアプリから直接印刷できるようになります。大きさは約180.6×135.9×63.3mmで、重さは約860g。別売のバッテリーユニットを装着すれば、コンセントが無い場所でも使用可能です。交換用紙とインクのセットは、L版・36枚入りで1260円~となっています。
スマホの充電トラブルを回避しよう! | ヒント | Discover

LEDのドット絵でデザインアニメを楽しめるBluetoothスピーカー

Divoomから、本体前面にLEDによる表示パネルを持ったBluetoothスピーカー「Timebox mini」が、9月15日より発売されます(10月31日まではMoMA Design Storeでの先行販売。11月以降、専門店、家電量販店での販売を開始予定)。価格はオープンで、想定市場価格は¥8,000前後となります。Timebox miniは、W900×H912×D38mmの直方体の形をしたコンパクトなBluetoothスピーカーです。前面には、横11×縦11の合計121灯のLEDが仕込まれていて、そこに自分でデザインしたドット調の図柄や、動きを付けたアニメーションを表示できるという、遊び心を持った製品です。前モデルTimeboxから二回り(幅と高さで約25mm)ほどダウンサイジングしていて、デスクトップのインテリアとしての設置性も高まっています。また、LEDライトの個数は同じなので、図柄やアニメなどは、前作同様の表示が楽しめます。