ピアニストが印象的

ちょっと前まで、スポーツ選手や音楽家など、その道を究める人たちって姿かたちまでは目に留まることが無かったのですが、それが当たり前だと思っていました。でも最近は違うんですね~。スポーツ選手の中にはモデルさんよりもカッコ良い?10等身くらいの顔の大きさ、カッコ良さを備えた人や、音楽家でもまず見かけで目を惹いてしまうような人も。

auのスマホの新機種、Xperia XZのコマーシャルに出てくる男性ピアニストも印象的ですよね~。他にも若手の男性ピアニストはいましたし、コンサートなどにも出かけたことはありましたが、見かけはまぁ、それなりにカッコ良いかな~くらい^^でもそのコマーシャルに出てくる男性は、自分がカッコ良い容姿で、ピアノも弾けるんだぞ~~♪と自信満々の様子^^でも、自信持ってしまいますよね。あれだけの姿かたちをしていれば。

私が聴きに行った男性ピアニストは、きっと地団太踏んでると確信しています!^^

ワコムら、筆者の感情データを添えた「感情を伝える手紙」のプロトタイプを開発

ワコムとワン・トゥー・テン・ドライブ(1→10drive)は10月27日、タブレット端末やPCなど、モバイルIT機器で手書き入力した文章に、集中、リラックス、負荷、理解・習熟、興味──といった筆者の感情データを「デジタルインク」に記録し、文章を再生する時に同時表示できる「感情を伝える手紙」のプロトタイプを開発したと発表しました。ワン・トゥー・テン・ドライブは、2015年に設立して、モノやサービスにおけるプロトタイプ開発から商品化までを手掛けている企業です。現状は、AIとIoTを事業領域の軸にしつつ、新たなテクノロジは積極的に取り入れる体制で開発にあたっています。開発においては、企業と協調してブランド価値を根本からつくり込んだプロトタイプを開発しているのです。同プロトタイプでは、筆致ごとに書いた時の感情データを取得し、デジタルペンから読み取れるデータと合わせて可視化して表示でき、文章の意味や文字の形からは読み取れない、筆者の心の状態も映し出せるということです。デジタルインクとは、スマートフォンやタブレット端末、PCなどに手書入力された文字、線、絵などのデジタルの手書(描)きデータ。今回のプロトタイプでは、手書きメッセージ(文字入力)に焦点を当て、ニューロスカイの技術を使用して脳波データを収集し、両データを一緒に記録しています。
ドコモ スマホ おすすめはこちら

KDDI×よみうりランド、 IoTシューズを活用した体験型迷路アトラクションを開始

KDDIと、よみうりランドは、10月8日より、IoTシューズ「FUMM(フーム)」を活用した体験型迷路アトラクション「FUMM ADVENTURE(フーム アドベンチャー)powered by au」を、よみうりランドにオープンしました。「FUMM」は、ニューバランス ジャパン の協力を得て開発されたIoTシューズで、靴に「カラー」「感圧」の2種類のセンサーを搭載し、「歩く」「ジャンプ」といった子どもの動きや踏んでいる地面の色を識別します。その情報を親のスマートフォンが受信すると、スマートフォンからさまざまな音や映像が表示される仕組みとなっているのです。アトラクション「FUMM ADVENTURE」は同シューズを子どもが着用して、スマートフォンを持った親とともに、星の王様が地球上の過去や未来に落としてしまった「星のコア」を取り戻すためにタイムトラベルをするというストーリーで、「恐竜エリア」「ロボットエリア」「星エリア」の3つのエリアをめぐるものです。各エリアにはビーコンが埋め込まれていて、前を通過すると、エリアに応じてスマートフォンアプリ上のエリア表示が変化していくというものです。例えば、恐竜エリアでは巨大なティラノサウルスと、星のカケラをかけて、かけっこ競争を行います。これは、子どもは色付きの足場で足踏みをすることで「FUMM」が足元の色を感知し、数がカウントされ、30秒間で足踏みが何回出来たかを競うもので、ロボットエリアでは溶鉱炉の上にかかっている細い一本橋から落ちないように渡るミッション等が用意されていて、星エリアでは、集めた星のカケラを星の王様に渡す事で、光を用いた特別な演出を楽しむことができるということです。

スマホのおすすめアプリを活用して健康に!

自分の体重管理をするのも難しいと考えてしまいます。
しかし、今では家電とスマホが連携する中で、体重管理も簡単にできるようになっています。
スマホのおすすめアプリを使用していけば、自分の体重がしっかりと分かるようになります。
毎日体重計にのるのは苦痛な所があったりすると思います。
しかし、オムロンの「体重体組成計」を使えば家族の体重管理ができるようになるそうです。
例えば、離れて暮らしている両親の体重だって管理ができるようになるのです。
もしも、単身赴任になった旦那さんの体が心配なんてなった時に、これは大活躍してくれそうです。
毎日体重計ののってもらうようにすれば、離れていてもしっかりと管理ができるのです。
体重管理も自分でするのは大変なのですが、スマホがあればグラフにしてきちんと分かるようになります。
太っているのか痩せているのかもすごく簡単ですよ。
自分の体重管理は難しいので、スマホと体重計を使って体の管理をするのもおすすめですね。
体重もちょっと油断してしまえば、すぐに体重は増えてしまうものです。
なので、スマホで管理することで意識も高まるのでおすすめですね。
太らないためには、やっぱり自分を管理することが大事なので、活用をしてみてください。

スマホの機能を使ってバッテリーの減りを防ぐ

スマホ機能も今ではかなり充実してきています。
スマホを使っている中で、色々と便利なものも登場しているで活用をしなくては損です。
日頃使っているスマホを変えていけるかもしれません。
スマホを使用していると、どうしても悩むは充電の減りです。
アプリなどを使用していれば、どんどん充電がなくなってしまいます。
それを防ぐためにも、Androidの「Doze」機能を使用をするのをおすすめします。
「Doze」は、バッテリーの消費を防いでくれる働きをしてくれるようになります。
使っていないアプリでも、しっかりとバッテリー消費を防いでくれるようになります。
もちろん、今でモバイルバッテリーがあるので、簡単に充電ができるようにはなっています。
しかし、そんなバッテリーも減らなければ一番良いものだったりしますね。
しっかりとバッテリーの減りを防ぐためにも、「Doze」を活用をしてもらいたいものです。
そうすれば、これからスマホのバッテリーの減りで悩むようなこともなくなるかもしれませんね。
スマホの状態を見て、バッテリーの減りが最近早くなっているなんて方は活用をするのをおすすめします。使ってみるといいものですよ。http://www.samsung.com/jp/contents/guide/smartphone-battery-management.html

いよいよ実装される!? ポケモンGOの「トレード機能」の詳細が判明か

ポケモンといえば対戦にトレード。しかしそのどちらも、今流行りのポケモンGOでは楽しむことができない。ところが海外の解析チームの研究により、徐々に実装されるかもしれないトレード機能の詳細が判明してきたのだ。海外サイトのPokemon Go Hubによると、ポケモンGOのバージョン0.37.1APKファイルを解析したところ以下のトレード機能に関する情報がわかった。・プレーヤーは「トレード相手」を検索できる・プレーヤーはトレードの申し出を「設定/キャンセル/完了」できる・プレーヤーはがトレードできるのはポケモンのみ・トレード機能にはサーバーを利用、通信失敗時の再トレードも可能・機能の実装時期や通信方法は不明 といった内容である。トレード機能としては特に変わった点はありませんが、このような情報が流れるということは機能の実装が近い可能性がある、とも言えるだろう。実はポケモンGOの開発元のNianticは、以前にトレード機能の実装について公式に発言したことがある。その時は具体的な時期は明かされなかったものの、「新ポケモンの追加」「ポケモンセンターの追加やポケストップのカスタマイズ」も予定されていることが明かされていたのだ。さらにNianticは「友達とバトル機能」についても検討中と発言するなど、まだまだ広がりそうなポケモンGOワールド。ポケモン対戦やトレードという懐かしの遊び方が楽しめる日が待ち遠しい。

いよいよ実装される!? ポケモンGOの「トレード機能」の詳細が判明か

ポケモンといえば対戦にトレード。しかしそのどちらも、今流行りのポケモンGOでは楽しむことができない。ところが海外の解析チームの研究により、徐々に実装されるかもしれないトレード機能の詳細が判明してきたのだ。海外サイトのPokemon Go Hubによると、ポケモンGOのバージョン0.37.1APKファイルを解析したところ以下のトレード機能に関する情報がわかった。・プレーヤーは「トレード相手」を検索できる・プレーヤーはトレードの申し出を「設定/キャンセル/完了」できる・プレーヤーはがトレードできるのはポケモンのみ・トレード機能にはサーバーを利用、通信失敗時の再トレードも可能・機能の実装時期や通信方法は不明 といった内容である。トレード機能としては特に変わった点はありませんが、このような情報が流れるということは機能の実装が近い可能性がある、とも言えるだろう。実はポケモンGOの開発元のNianticは、以前にトレード機能の実装について公式に発言したことがある。その時は具体的な時期は明かされなかったものの、「新ポケモンの追加」「ポケモンセンターの追加やポケストップのカスタマイズ」も予定されていることが明かされていたのだ。さらにNianticは「友達とバトル機能」についても検討中と発言するなど、まだまだ広がりそうなポケモンGOワールド。ポケモン対戦やトレードという懐かしの遊び方が楽しめる日が待ち遠しい。

“カシオ計算機、「VOYAGE TIME RING」シリーズの新製品、「SHB-100」「SHB-200」を発売  ”

 カシオ計算機は、アナログフェイスの女性向け腕時計ブランド「SHEEN」の、「VOYAGE TIME RING」シリーズの新製品として、「スマートフォンリンク」機能に対応した「SHB-100」「SHB-200」を9月16日に発売します。価格は4万5000円~5万円(税抜)。どちらも、カシオの女性向け腕時計として初めて「スマートフォンリンク」機能に対応しています。同機能ではBluetoothでスマートフォンと連携することができ、無料の専用アプリで簡単に時刻修正が可能となっています。海外渡航時でもスマートフォンが取得する時刻情報と連動し、現地の時刻にワンプッシュで修正可能となっています。アプリ「CASIO WATCH+」はインターフェイスに女性向けデザインも用意されるほか、「SHB-100」「SHB-200」のワールドタイム表示の設定も300都市から選択できます。スマートフォンと連携した場合の時刻の自動補正は1日4回で、サマータイムも反映されるようになっています。本体は5気圧防水で、Bluetooth Low Energyに対応し、スマートフォンとの通信距離は2mです。スマートフォンの時刻補正を使用しない場合の精度は平均月差±15秒。電源はソーラー充電のタフソーラーとなっています。

最速の充電速度&最高の耐久性を実現するアイテム!

“ケブラー素材Anker”ケーブルは、防弾仕様のアラミド繊維である、米デュポンのケブラー繊維でつくられた充電ケーブルです。ケブラー繊維とは、米軍で防弾チョッキや防刃軍手などにも使われているもので、各国の軍でも使用されている特殊技術です。ケブラー繊維を用いることによって、断線、破損に対し格段に丈夫になることに成功しました。断線による発火事故の可能性も大幅に減り、ペットが万一かじったとしても大丈夫です。当然、戦場で使うものではないためセラミックプレートは入っていません。そして10000回以上の折り曲げに耐えうるまでの強度を持っています。どのケーブルをも凌ぐ圧倒的な高耐久性を実現しました。バッグの中で折り曲げて持ち運ぶことも多いケーブルは気づいた時には折れてしまっていたなんてこともありますが、最強の耐久度を誇るケブラー素材のAnkerケーブルならば、安心して持ち運ぶことができるわけです。そして太いワイヤーの使用とケーブル内抵抗の低減により、どのUSB充電器に対しても、最適な充電スピードが可能となったので、モバイルバッテリの持つ最高出力でスマホを充電することができます。もちろん、データ転送の際にも役立ちます。http://www.samsung.com/jp/consumer/mobilephone/smartphone/

iSharingに『ポケモンGO』専用プランが登場

Life Support Labが8月中旬よりサービススタートさせる予定の『iSharing』(アイシェアリング)は、“iPhone借りホーダイ、画面割りホーダイ”が売りのレンタルサービスです。そんなiSharingに、今話題の『ポケモンGO』専用プランが登場するそう。このプランは、iPhone 5sと1万mAhのモバイルバッテリーがセットになっており、レンタル料金は月額1480円。いつでも解約することが可能なうえに、ポケモンGO探検中にレンタル端末を落下させて画面を割ったとしても、無償で何度も交換してくれるそう。子どもに持たせるにはピッタリですね。飽きたらすぐ解約すれば良いだけだし。ただしこのプランには通信を行うために必要なSIMカードがセットされていないため、各自で格安SIMを手に入れなければいけません。そこだけちょっと面倒臭いですね。メインのスマホでポケモンGOをプレイするとバッテリーの消費が気になって思い切り遊べないもの。だからこそ「長時間、存分にプレイを楽しみたい」と考えている方にはピッタリのサービスだと思います。すでに事前登録はスタートしており、専用の申込みページから予約できます。今こういったポケモンGO向けのサービスがいろいろ登場していますね。それらを上手く組み合わせて利用すれば、随分安く便利に遊べるのではないでしょうか。