Xperia Ace SO-02Lのカラーは?

Xperiaシリーズを使っている方なら気になるカラーバリエーションですが、ドコモ版はパープル、ブラック、ホワイトの三色となっています。中でもパープルは、Xperiaシリーズの中でも特徴的なカラーとなっていますが、今回Aceのパープルはちょっと柔らかい印象が素敵なラベンダーカラーに近いパープルになっています。強い紫というイメージではなく、淡く優しい大人な印象、上品な印象があります。控えめなカラーなので、女性はもちろん男性も使いやすいカラーとなっています。最近のスマホは、大型なサイズが多く画面の大きさに重きをおいているものが多いのですが、小型で使いやすい希少なスマホとなっています。片手で持てる使いやすいスマホをお探しの方、スペックは落としたくない、価格もそれほど高くないものをお探しの方是非いかがでしょうか?ちなみに、Xperia Aceは三大キャリアの中でもドコモでしか扱っていないので注意してくださいね。

iPhoneとAndroidスマホの違い

“良く同じものだと思われることもあるスマートフォンに、iPhoneとAndroidがあります。
ですが、iPhoneとAndroidは別物で、主に搭載されているOSに違いがあるので、同じ仕様のスマートフォンではありません。OSとは、パソコンにも搭載されているもので、ユーザーがプログラムを理解しないでも、機器を動作させる際に必須となるものです。
iPhoneとAndroidの場合、iPhoneはApple社で開発されているOSが搭載されており、AndroidはGoogle社で開発されているものが搭載されています。Androidは拡張性の高いOSとして有名で、iPhoneは、シンプルなので誰でも使いやすいという特徴があります。
Apple社では、その他にもプライバシー保護を重要視しているため、個人情報の漏洩を防ぐためのセキュリティも搭載しているのです。このような違いがあるので、iPhoneとAndroidは同じものではありません。”

“「ZenFone 6」はフリップカメラでパノラマ撮影が楽しい “

ZenFone 6のフリップカメラでは、一般のスマホカメラではできないユニークな撮影もできます。フリップは好みの位置で止められるので、フリーアングルで撮影できるのです。説明会では、小さな子どもなどを普段とは違った視点で撮影できると紹介されていました。オートパノラマ撮影も面白く、シャッターボタンをタップするとフリップカメラが自動で動いてパノラマ撮影を行います。自分が動かなくていいので、これまでのパノラマ撮影よりブレのない写真が撮れ、最後にカメラレンズが正面を向くので、自分も写真に写るのです。パーティなどで、ひと味違った180度写真、グループセルフィーが撮れるでしょう。通常のセルフィーも超広角カメラを使えば大人数でも楽に撮れます。さらに、動画撮影時に被写体をタップして選択すると、フリップカメラが動きながら被写体にフォオーカスを合わせる「モーショントラッキングモード」も利用できます。説明会で試用した端末は開発中のものだったので、撮った写真を含め画像を取り出すことはできなかったのですが、撮影自体は楽しめるものでした。

“ZenFone 6のフリップカメラを実現させた高度な技術力 “

ZenFone 6で、全画面ディスプレイとともに非常に印象的なのが、背面のフリップカメラです。風景などは一般のスマホ同様に撮影するのですが、セルフィーを撮る際にカメラ切り替えボタンをタップすると、フリップが素早く立ち上がり、2つのレンズが正面を向くのです。セルフィーも高画質なカメラで撮れるのが魅力だ。顔認証も同様にこのフリップカメラで行われ、認証が済むと速やかにたたまれます。フリップはごく小さなモーターで動いているのですが、非常に素早く滑らかな動きです。ハードウェアエンジニアリングリーダーのTom Lin氏は、この動きを「セクシー」と表現していたのですが、何度も動かしてみたくなる面白いギミックであることは間違いありません。このフリップカメラには、技術的にさまざまな工夫が盛り込まれているのですが、特にキーとなるパーツが4つあるということです。それは「カスタマイズされたステッピングモーター」「ギアボックス(歯車装置)」「モジュール内の部品の配置方法」「液体金属」の4つです。スマホ 最新

「AQUOSsense2」に対応しているmicroSDカードとは?

動画や写真を沢山撮る方で、本体に保存するのではなくmicroSDカードに保存したいという場合があると思います。ここではAQUOSsense2に対応しているmicroSDカードについてみていきます。まず容量ですが、2018年11月現在までのmicroSDカードは、2GB・32GB・512GBがあります。端末を購入した際には、このmicroSDカードは付属されていないので、必要なGB数を選んで別途で購入する形になります。値段も変わってくるので、どのくらいの容量が必要か確認して選ぶようにしましょう。また保存した動画や写真を初期化したい場合の手順は、ホーム画面から「設定」を選び「ストレージ」をクリックしてmicroSDカードを選び、消去してフォ―マットを選べば完了です。入れすぎてしまった場合も必要に応じて削除できるので、容量が足りないかもと心配な方はmicroSDカードも一緒に購入しておくと安心です。

“約440g/厚さ7mmの軽量薄型10.1型Androidタブレット「Lenovo Tab P10」 “

レノボ・ジャパンの「Lenovo Tab P10」は、Android 8.1を搭載した10.1型タブレットです。約440gと軽量なボディが特徴で、Wi-Fiモデルが実売29,970円(直販ストアでのeクーポン適用時)と、リーズナブルな価格設定が際立つ一品だ。本製品は、440gという軽さを実現していて、長時間手に持つ電子書籍ユースには適しています。また7mmという薄さは、つい先日発売されたiPad Airの第3世代モデル(6.1mm)にこそ負けるものの、このクラスの製品としてはスリムといっていいでしょう。CPUは、Snapdragon 450 オクタコア(1.80GHz)ということで、ゲームなど高い処理能力を必要とする用途には少々つらいのですが、こと電子書籍ユースに限っては問題なく、MediaPad M5 liteやFire HD 10とはほぼ同等です。メモリは4GBと、このクラスとしては十分で、解像度はフルHD、さらにコネクタはUSB Type-Cを採用するなど、押さえるべきところはしっかりと押さえています。

アウトカメラがインカメラになる「Galaxy A80」

“4月10日、韓国Samsung Electronicsは、ミドルレンジモデルのスマートフォン「Galaxy A80」の発表を行いました。
Galaxy A80の販売価格は、欧州では649ユーロのため約8万円で、市場に出回る計算となります。一般的なミドルレンジモデルのスマートフォンと比較した場合、Galaxy A80は高いように感じるのですが、Galaxy A80にはアウトカメラがスライドすることで、インカメラになるという新機能が追加されています。
今までに販売されてきたスマートフォンの中にも、Galaxy A80のような、大画面化とノッチ(切り欠き)回避のため、カメラをスライド可能にしたものはいくつかありました。ですがGalaxy A80は、スライドを可能とすることで、インカメラの可能性を高めることに成功したのです。
Galaxy A80の仕様は、ディスプレイが6.7型の1080×2400ピクセルとなっており、Super AMOLEDが採用されています。”

“スマートフォンでは世界初という「瞳AF」 Xperia 1 “

Xperia 1ならではの機能として、スマートフォンでは世界初という「瞳AF」や、AFや露出を被写体に合わせながら10コマ/秒の高速連写をする機能も用意しました。さらに、画素ピッチが1.4μmへと大きくなり、レンズがF1.6へと明るくなったことに加え、画像処理エンジン「BIONZ X for mobile」で、画像を現像する前にノイズを低減させることで、Xperia XZ3比で4倍明るく撮影できるということです。手ブレ補正は電子式と光学式を組み合わせた「ハイブリッド手ブレ補正」になり、暗所でも、他社製品よりブレを抑えて鮮明に動画撮影できることをアピールしていました。SDR映像コンテンツをHDR相当の画質で表示可能にする「HDRリマスター」機能や、制作者が意図した通りの画作りにする「クリエイターモード」、映画をイメージした画作りで21:9の動画を撮影できるアプリ「Cinema Pro」など、画質面や映像面でも特筆すべき点は多いといっていいです。

ゲオの10億円買取キャンペーン

ゲオが2月にスタートしたキャンペーンで、10億円に達するまで、中古携帯端末の買取額を20%アップするという企画を行った。当初この企画を知ってた私からすると、いくらなんでも10億円に達することは無いと思っていたが、3月24日に10億円に達したらしい。そして、それでもお客様の要望に応えるために3月いっぱいまでは続けるそうだ。私はゲオの3月いっぱいまで延長する事にも驚いたが、正直な話中の携帯端末が10億円に達する方が驚きだった。たしかに新品のスマホなんかとなると10万を軽く超えるスマホなんか沢山あるだろう。しかし、中古にもそれなりに価値があり買い取ったゲオもそうだが、売りに来た人も相当いたと言う事だ。結果からして携帯を持っている人は沢山いる上に、ゲオも20%上乗せで買い取るぐらい価値があると言うことの証明になる。やはりスマホがパソコンをスマートにした物であると言うのは伊達ではないのかもしれない。スマホ 最新

スマートフォンの「Moto G Plus」

手に馴染みやすい滑らかなメタルフレームを採用し、アプリがスムーズに動作する高性能オタクコアプロセッサや終日安心な大容量バッテリーなどを搭載しているスマートフォンが「Moto G Plus」です。
このスマートフォンのカラーバリエーションはルナグレーとファインゴールドの2色が用意されており、ボディサイズは幅約74ミリ、高さ約150ミリ、厚さ約7.7ミリ、重さ約155gになっています。
ディスプレイは約5.2インチフルHD液晶ディスプレイを搭載し、バッテリーは3000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはクアルコムのスナップドラゴン625オタクコアプロセッサでメモリはRAMが4GB、内蔵ストレージは32GBで128GBまで増設できます。
こうしたスマートフォンのカメラは、F1.9の明るいレンズとLEDフラッシュライトがついた約1200万画素のメインカメラと広角レンズがついた約500万画素のインカメラが搭載されています。スマホ 最新