5G対応スマホの「Ulefone Armor 12 5G」とは?

“5Gを医療分野でいかすことによって、救急搬送中の状態を病院にライブ動画で送ることができますし、搬送中に遠隔手術といったことも可能になると思います。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くのメーカーから多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Ulefone Armor 12 5G」という5Gスマホがあり、本格的な撮影が楽しめる高性能カメラや迫力満点の映像体験を堪能できる高精細大型ディスプレイ、負荷がかかっても熱を持ちにくい高性能CPUや長時間使用でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約82ミリ、高さ約175ミリ、厚さ約14ミリ、重さ約296gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはオレンジとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度HD+ 1600×720でアスペクト比20:9の約6.5インチIPS液晶ディスプレイを搭載しており、バッテリーは18Wの急速充電と15Wのワイヤレス充電に対応している5180mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはMediaTek Dimensity 700 MT6833 2.2GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約4800万画素+広角レンズがついた約800万画素+マクロ撮影ができる約200万画素+深度レンズがついた約200万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約1600万画素のインカメラが搭載されています。
また、背景ぼかし、オートHDR、手振れ補正、AIライブシャッター、ビューティーモード、AIライブストーリー、フォーカス再生、ナイトモード、ポートレートモード、超広角モード、パノラマモード、プロモード、フォトタイマー、レベリング、バーストモードなどの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11でサイド指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「Xperia 10 III Lite XQ-BT44」とは?

“5Gのスマートフォンなら高速大容量通信によって超高画質動画でも高速ダウンロードできますし、さらには安定した接続を可能にしていますので様々なことをタイムラグなしで楽しめると思います。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「Xperia 10 III Lite XQ-BT44」という5Gスマホがあり、迫力と没入感のあるゲームが楽しめる高精細大型ディスプレイや薄暗い場所でもノイズが少なくクリアな写真を撮影できる高性能カメラ、大容量メモリを搭載して遅延なくスムーズに動作する高性能CPUや旅行でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
この5Gスマホのボディサイズは幅約68ミリ、高さ約154ミリ、厚さ約8.3ミリ、重さ約169gといった薄型軽量コンパクトサイズになっており、カラーバリエーションはブルー、ピンク、ホワイト、ブラックの4色が用意されています。
ディスプレイはGorilla Glass6を採用して解像度FHD+ 2520×1080でアスペクト比21:9の約6インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは急速充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 690 5G SM6350 2.0GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが6GB、内蔵ストレージは64GBでmicroSDカードを使用することで最大1TBGBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約1200万画素+望遠レンズがついた約800万画素+広角レンズがついた約800万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.0の明るいレンズがついた約800万画素のインカメラが搭載されています。
また、オートフォーカス、光学式手ぶれ補正、デュアルトーンLEDフラッシュ、HDR、スローモーション撮影、ポートレートモード、ビューティーモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11でサイド指紋認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイで防水(IPX5/IPX8)防塵(IP6X)やイヤホンジャック、ハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「OPPO Find X3 Pro Exclusive Edition」とは?

“4Gスマホでイライラするダウンロードやストリーミングは5Gに対応しているスマートフォンならいつでもどこでもストレスなく楽しめるでしょう。
その5Gに対応しているスマートフォンは多くの機器メーカーから数多くの機種が発売されていますが、その中の一つに「OPPO Find X3 Pro Exclusive Edition」という5Gスマホがあり、高クオリティの写真が誰でも簡単に撮れる高性能カメラや迫力満点の映像体験を堪能できる高精細大型ディスプレイ、オンラインゲームなどの負荷の高い3Dゲームでもサクサクと動く高性能CPUや長時間の外出などでも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンで価格は116000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約74ミリ、高さ約163ミリ、厚さ約8.2ミリ、重さ約193gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはブルー、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度QHD+ 3216×1440でアスペクト比20.1:9の約6.7インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは65Wの急速充電や30Wのワイヤレス充電に対応している4500mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが12GB、内蔵ストレージは256GBでmicroSDカードを使用することで最大512GBまで増設することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約5000万画素+超広角レンズがついた約5000万画素+望遠レンズがついた約1300万画素+マクロ撮影ができる約300万画素のクアッドアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(ColorOS 11.2)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでデュアルステレオスピーカーやDolby Atmos、防水防塵(IP68)やイヤホンジャックがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

5G対応スマホの「vivo X60 Curved screen version」とは?

“5Gは4Gの約20倍の速さでダウンロードすることができますし、低遅延なのでビデオ通話やライブ中継なども5Gに対応しているスマートフォンなら快適に楽しむことができます。
その5Gに対応しているスマートフォンには様々な機種がありますが、その中の一つに「vivo X60 Curved screen version」という5Gスマホがあり、動きの激しいゲームなどでより滑らかな映像を再生する高精細大型ディスプレイや薄暗い場所でもノイズが少なくクリアな写真を撮影できる高性能カメラ、タスクを高速かつ効率的に処理する高性能CPUや長時間でも安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したミッドレンジクラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約6万円でRAM8GB/256GBモデルが約65000円でRAM12GB/256GBモデルが約68000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約73ミリ、高さ約158ミリ、厚さ約7.5ミリ、重さ約176gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはオーロラ、ホワイト、ブラックの3色が用意されています。
ディスプレイはリフレッシュレートが120Hzに対応して解像度FHD+ 2376×1080でアスペクト比19.8:9の約6.5インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは33Wの急速充電に対応している4200mAh大容量バッテリーが搭載されています。
CPUはExynos 1080 2.8GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GBモデルと12GBモデルがあり、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大1TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約4800万画素+ポートレート撮影ができる約1300万画素+広角レンズがついた約1300万画素のトリプルアウトカメラと、F値2.4の明るいレンズがついた約3200万画素のインカメラが搭載されています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(OriginOS 1.0)でディスプレイ内指紋認証センサーや顔認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでハイレゾ音源に対応して接続端子はUSB Type-Cになっています。”auスマホ一覧

5G対応スマホの「ASUS Zenfone 8 Flip」とは?

“5Gはこれまでの4Gよりも超高速データ通信や超低遅延、同時多接続といったことを可能にしているため、5Gに対応しているスマートフォンを多くの人が使い始めています。
その5Gに対応しているスマートフォンには多くの機種がありますが、その中の一つに「ASUS Zenfone 8 Flip」という5Gスマホがあり、被写体が映える表現が可能な高性能カメラや極細ベゼルのワイドな液晶で画面がより広く見える高精細大型ディスプレイ、負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUや安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約83000円でRAM8GB/256GBモデルが約95000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約165ミリ、厚さ約9.6ミリ、重さ約230gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはシルバーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.6インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイにはGorilla Glass6を採用してリフレッシュレートが90Hzに対応しています。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+望遠レンズがついた約1200万画素のトリプルアウトカメラが搭載されています。
また、デュアルトーンLEDフラッシュ、HDR、ポートレートモード、スローモーション撮影、パノラマモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(ASUS ZenUI 8)でディスプレイ内指紋認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

圧倒的上位種のハイスペックゲーミングスマホ「Samsung Galaxy Note20 Ultra 5G」

“Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gは販売価格が「約14万5000円」と高いのですが、それでも、ハイスペックゲーミングスマホのランキング上位は当たり前のモデルとされています。そこで今回は、どうしてSamsung Galaxy Note20 Ultra 5Gは売れ筋なのかを、スペックも含めて案内していこうと思います。
Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gですが、安く購入したい場合はdocomoの「スマホおかえしプログラム適用で約97,000円」となります。かなり安く感じるかもしれませんが、実際は、80000円台のハイスペックゲーミングスマホが増えてきたため、価格については慎重に検討したほうが無難です。
Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gのスペックですが、「本体サイズが約165(H)×約77(W)×約8.1(D)mm、画面サイズは約6.9インチ、重量は約208g、ボディカラーはミスティック ブロンズ・ミスティック ブラック」となります。Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gの特筆すべき点は、ワイドボディのスマートフォンで重量が200gを超えているところでしょう。ハイスペックゲーミングスマホの場合、今では170~189gのものが増えてきているので、重量に関しては重い部類のハイスペックゲーミングスマホです。
しかしSamsung Galaxy Note20 Ultra 5Gは処理性能が高いため、処理性能に満足して購入される人が多い特徴があります。Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gの詳細情報ですが、「RAM/ROMは12GB/256GB、OSはAndroid 10、CPU Snapdragon 865 Plus、バッテリー容量は4500mAh」です。Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gの特筆すべき点は、CPUが最新のものになっているところでしょう。そのため、現在使用しているゲーミングスマホでは処理が重くなる・・・そんな人であれば、Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gの良さを痛感できるかもしれません。
その他の情報としては、「通信速度が受信時最大:5G 4.2Gbps /4G(LTE) 1.7Gbpsとなり、送信時最大では5G 480Mbps /4G(LTE) 75Mbps」となりますので、こちらについては、5G対応スマートフォンの中でも平均的なスペックとなっています。しかしSamsung Galaxy Note20 Ultra 5Gは、「ディスプレイがQuad HD+/Dynamic AMOLED 有機ELを採用、生体認証・指紋認証・顔認証あり」という、他の5G対応スマートフォンではあまり見られない多機能、高品質を秘めているのです。
ゲーミングスマホの特徴としては、「タッチレートが240Hz、RAM12GB搭載し、バッテリー容量が大容量、ベイパーチャンバー冷却システムあり」となります。冷却システムありなのですが、バッテリー容量はハイスペックゲーミングスマホとしては少し低いので注意してください。そのため、長時間のゲームプレイがひんぱんに発生する人には、Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gを強くオススメすることができません。”東京オリンピック開幕東京2020オリンピックのワールドワイド公式パートナーサムスン電子公式ページ

耐久性抜群!TORQUE 5G KYG01

“登山やキャンプが趣味、という方にスマホ選びはとても大切です。今回は、耐久性に優れた「TORQUE 5G KYG01」をご紹介致します。2021年3月に発売されたばかりのスマートフォンでOSは最新のAndroid11を搭載、5.5インチとコンパクトなディスプレイながらsnapdragon765を搭載したミドルレンジモデルとなっています。また最大の特長は、TORQUE史上最多となる28項目もの試験に合格した耐久性に優れたスマートフォンである点です。落としても割れにくく、汚れが付着してしまった場合には泡ソープでそのまま洗いながせる優れものです。アウトドア用としてだけでなく、普段の生活で毎日使うものなのでいつでも清潔に使えるスマホを選びたい方におすすめします。
特にキャンプや登山などで、外で使用することが多い方にとっては割れにくいディスプレイを搭載しているというのはとても重要なポイントになります。万が一、手から滑って落としてしまったなんて時に画面が割れてしまったら大変です。そうした場合に、落下時の衝撃を防ぎガラス割れを低減してくれる特別なガラスを使用しているので安心です。
他にも、温水シャワーや耐振動、氷点下の寒い時期にも安心して使うことができます。様々な試験を乗り越えて合格したTORQUE 5G KYG01だからこそ、安心して使えますね。
また写真撮影においては、TORQUE 5G KYG01という機能が搭載されているため、日時や天気などの情報も一緒に載せることができます。思い出の一枚にしっかりと日付を記入できる点は嬉しいですね。
またコンパクトなサイズでありながら、メインカメラとワイドカメラを備えたデュアルレンズ使用で暗い場所でも明るく撮影できるナイトモードも搭載しています。わざわざカメラの設定を切り替えることなく、明るく美しい景色を収めることができるのでとても便利です。またシャッターボタンを押して、端末を横方向または縦方向に動かすだけで360°広がるパノラマ撮影も可能です。登山をしたり、キャンプによく行く方にとってはとても嬉しい機能ですね。また、Action Overlayは釣った魚のサイズを計測し、名前を自動的に表示してくれる機能も搭載しています。登録してある200種類あまりの魚に限りますが、様々な情報を写真と一緒に残せるので後から見返した時にとても便利です。そして、TORQUE 5G KYG01は水中の中でも撮影できるので非常に面白いです。海の中でもプールでも思い通りの写真を簡単に撮れる、まさに優れものです。
その他、撮った写真をそのままSNSにアップしたり、QRコードの読み取りなど様々な機能をより快適に、アクティブに使える一台となっています。是非、耐衝撃に優れたTORQUE 5G KYG01を候補として考えてみてはいかがでしょうか。”詳しくはこちら

Xperia 8 とは?

“Xperiaシリーズの中でも、今回は「Xperia8」について詳しくみていきたいと思います。様々な新機種が登場しているので、どの機種がいいのか迷っている方も多いと思うのでスペックや価格、その他Xperiaシリーズとの違いについてもご紹介したいと思います。
まず、Xperia8は2019年10月15日にワイモバイルとauからリリースされたandroidスマートフォンです。本体価格はキャリアでの定価で3~6万円台となっています。今までのシリーズの中では、Xperia10にFelica機能が搭載され、防水防塵機能が搭載されたモデルです。またディスプレイは、21:9のシネマワイドディスプレイとなっているので大きくてとても見やすいです。ちなみにXperiaシリーズで21:9のシネマワイドディスプレイを採用しているスマートフォンは他に「Xperia5」と「Xperia1」があります。いずれも縦長ディスプレイで、二つのアプリを起動することができるのでタスク処理もしやすくおすすめです。
また「Xperia 8 Lite」が2020年8月に発売されています。Xperia8との違いは、SIMロックが解除されたSIMロックフリー版であること、Xperia8よりも価格が抑えられているので購入しやすく、バッテリー容量が強化されたモデルです。ただこちらは、DSEE HXが非対応になっているので注意してください。SIMロックフリー版をお探しの方は、Xperia 8 Liteも検討してみてくださいね。
Xperia 8の最大の特長は、防水防塵機能が搭載されているので万が一の場合にも安心して使えること、画面が広く大きなディスプレイを購入しようと思ったら10万円以上の高額なXperiaシリーズを購入しなければならなかったのですが、Xperia8はシネマワイドディスプレイを搭載しながらも手頃な価格で楽しめるスマートフォンとなっています。従来のXperiaシリーズと比較すると、およそ半分の価格で購入できる点が魅力といえます。ハイスペックなXperiaのスマホを試したみたいけど、価格が気になって購入できないという皆さんにもお試ししやすい機種といえるでしょう。
またXperia8は、イヤフォンジャックを搭載しているので今お手元にある有線イヤフォンで音楽を楽しみたい方、高音質は音楽を楽しみたい方にもおすすめします。ハイレゾ音源に対応しているので、音楽にこだわりがある方、休憩中はずっと音楽をかけているという皆さんも十分楽しめる機能となっています。
CPUもsnapdragon630を搭載しているので、普段使いとして使う分には十分なスペックとなっています。普段から重たいゲームをしたり、ハイスペックな機能を求めていない方であれば快適に使えるでしょう。是非、この機会に一度検討してみてくださいね。”

ミッドレンジの中でも最上級!OPPO Reno A

“今回は、OPPOの「Reno A」をご紹介したいと思います。ディスプレイは、6.4インチの大画面ディスプレイに6GBのRAMと64GBのROMを持っているので、アプリをダウンロードしたり動画や写真などの撮影をしても十分な容量を備えています。またCPUにsnapdragon710を搭載したミドルレンジモデルでありながら、本体価格は3.5万円からと非常に低価格モデルになっています。しかも、OPPOシリーズはこれまでも沢山のシリーズが登場していましたが、これまで芸能人をイメージモデルとして起用することはありませんでした。そうした中で今回、日本でも人気タレントである指原莉乃さんを起用したことで、一気に注目を集めています。テレビCMでもお馴染みの機種となりつつあるOPPOのスマートフォンですが、実は価格と中身のバランスが非常に良くコスパ最強のスマートフォンでもあります。安くて品質重視のスマートフォンをお探しの方は、是非検討してみてください。
ちなみにミッドレンジモデルのスマートフォンなのですが、感覚的には6~7万円台のスマートフォンとほぼ変わりありません。ハイエンドモデルではないものの、ミッドレンジモデルの中でも最上位のモデルと言えます。
本体169gという軽さを見てもかなり使いやすいです。6.4インチの大画面ディスプレイを搭載しながらこの軽さを実現していること、日本でも人気のタレントさんを起用するなどCMに力を入れているだけでなく、実際にスペックも非常に優れているスマートフォンである点など魅力も満載です。
また本体価格3万円台でDSDV(スマホの回線を二つ同時に使える便利な機能)と、おサイフケータイに対応しているスマートフォンは他にありません。これだけの安さを実現しながら、スペックも非常に充実している一台と言えます。
また普段からスマホでゲームをされる方にも嬉しい「ゲームスペース」という機能も付いてます。これは、特定のアプリを利用した時やバックグランドを制御したり、メモリを解放する時、そしてゲーム中の操作をより快適に楽しめるようにCPU性能をアップさせる機能が搭載されています。ただし、完全なゲーミングスマホというわけではないので、限界はありますがそれでも通常のゲームや2D程度のゲームでしたら問題なく楽しめます。バッテリー容量も3600mAhを搭載しているので、一日使う分には十分です。
たった3万円台で700番台のsnapdragonを搭載している点や、バッテリー容量も十分なものを搭載している点を見てもまずありえないですね。これだけのスペックを備えたスマートフォンは他にはほとんどないでしょう。
OPPOシリーズは、まだ日本に進出してから歴史が浅いためご存知ない方も多いのですが、これから間違いなく注目されていく一台になるはずです。もしコスパ重視で選びたい方、二代目としてお探しの方にもおすすめします。是非一度検討してみてはいかがでしょうか。”

カメラ機能で選ぶなら!Galaxy S20+ 5G

“スマホを選ぶなら、カメラ機能が充実しているスマホで選びたいという方に今注目の「Galaxy S20+5G」をご紹介します。最近では、様々なスマートフォンが販売されているのでどの機種を選んだらいいか分からない、という方も多いと思います。バッテリー容量を重視する方もいますし、それ以外に外観やスペックなどそれぞれ抑えておきたいポイントは様々だと思います。その中で今回は、SNSにアップすることが多い方などカメラ機能が気になっている方におすすめしたいと思います。
Galaxy S20+5Gには、今トレンドとなっている広角カメラ、超広角カメラ、望遠カメラの三つのカメラが搭載されています。どんな場所でも明るく撮れること、超広角カメラの視野角120度で景色をダイナミックに撮影できること、ズームに特化した望遠レンズによって最大30倍もの超解像度ズームを楽しむことができます。例えば、遠いとこから撮影した場合にも細かな部分までズームして撮影できるので被写体や人物を撮影する時にぴったりです。またGalaxy S20+ 5Gには、トリプルレンズに加えて深度センサーが搭載されているため、一眼レフで撮影したような美しいボケ感を演出することができます。
また新機能として「シングルテイク」機能が搭載されている点も大きな魅力です。シングルテイクとは、一度の撮影で様々な写真や動画を撮影できる新しい機能です。一度シャッターを押すと、数秒間から数十秒の間で三つのレンズがそれぞれ記録した映像や写真をAIが起動して、ベストショットを撮影してくれるのです。レンズの使い方が分からない方や、一度の撮影で色々な角度から撮影をしたい時に便利です。
他にも食事モードなど、被写体に合わせて適切なモードで撮影できるので初心者の方でも簡単に綺麗な写真が撮れるので、とてもおすすめです。
またカメラ以外にも、映像の滑らかさを示すリフレッシュレートが120Hz駆動と非常に滑らかなので、画面をスクロールした時にこれまでとは違う滑らかさを体験できます。ニュースアプリを見たり、スマホで検索する時にも便利です。
また画面内に内蔵された指紋認証によって簡単にロック解除できる点も魅力ですね。顔認証だと、どうしてもマスクを付けたままでは解除できないので、指紋認証機能が搭載されているGalaxy S20+5Gは非常に便利です。そして何といっても、今流行の5G通信にも対応しているということでゲームも快適に楽しめますし、アプリを複数同時に利用してもサクサク動く点は魅力となっています。
是非、カメラ機能でスマホを選びたい方は、候補の一つとして選んでみてはいかがでしょうか。”