5G対応スマホの「ASUS Zenfone 8 Flip」とは?

“5Gはこれまでの4Gよりも超高速データ通信や超低遅延、同時多接続といったことを可能にしているため、5Gに対応しているスマートフォンを多くの人が使い始めています。
その5Gに対応しているスマートフォンには多くの機種がありますが、その中の一つに「ASUS Zenfone 8 Flip」という5Gスマホがあり、被写体が映える表現が可能な高性能カメラや極細ベゼルのワイドな液晶で画面がより広く見える高精細大型ディスプレイ、負荷の高い動作でもサクサク動く高性能CPUや安心して使用できる大容量バッテリーなどを搭載したハイスペッククラスのアンドロイドスマートフォンです。
価格はRAM8GB/128GBモデルが約83000円でRAM8GB/256GBモデルが約95000円になっています。
この5Gスマホのボディサイズは幅約77ミリ、高さ約165ミリ、厚さ約9.6ミリ、重さ約230gという薄型軽量コンパクトボディになっており、カラーバリエーションはシルバーとブラックの2色が用意されています。
ディスプレイは解像度2400×1080でアスペクト比20:9の約6.6インチ有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリーは30Wの急速充電に対応している5000mAh大容量バッテリーが搭載されています。
また、ディスプレイにはGorilla Glass6を採用してリフレッシュレートが90Hzに対応しています。
CPUはSnapdragon 888 SM8350 2.84GHzオタクコアプロセッサでメモリはRAMが8GB、内蔵ストレージは128GBモデルと256GBモデルがあってmicroSDカードを使用することで最大2TBまで拡張することができます。
カメラはF値1.8の明るいレンズがついた約6400万画素+超広角レンズがついた約800万画素+望遠レンズがついた約1200万画素のトリプルアウトカメラが搭載されています。
また、デュアルトーンLEDフラッシュ、HDR、ポートレートモード、スローモーション撮影、パノラマモード、4K動画撮影などの機能がついています。
こうした5Gに対応しているスマートフォンはOSがAndroid 11(ASUS ZenUI 8)でディスプレイ内指紋認証センサーがついており、デュアルSIMデュアルスタンバイでステレオスピーカーがついて接続端子はUSB Type-Cになっています。”

圧倒的上位種のハイスペックゲーミングスマホ「Samsung Galaxy Note20 Ultra 5G」

“Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gは販売価格が「約14万5000円」と高いのですが、それでも、ハイスペックゲーミングスマホのランキング上位は当たり前のモデルとされています。そこで今回は、どうしてSamsung Galaxy Note20 Ultra 5Gは売れ筋なのかを、スペックも含めて案内していこうと思います。
Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gですが、安く購入したい場合はdocomoの「スマホおかえしプログラム適用で約97,000円」となります。かなり安く感じるかもしれませんが、実際は、80000円台のハイスペックゲーミングスマホが増えてきたため、価格については慎重に検討したほうが無難です。
Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gのスペックですが、「本体サイズが約165(H)×約77(W)×約8.1(D)mm、画面サイズは約6.9インチ、重量は約208g、ボディカラーはミスティック ブロンズ・ミスティック ブラック」となります。Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gの特筆すべき点は、ワイドボディのスマートフォンで重量が200gを超えているところでしょう。ハイスペックゲーミングスマホの場合、今では170~189gのものが増えてきているので、重量に関しては重い部類のハイスペックゲーミングスマホです。
しかしSamsung Galaxy Note20 Ultra 5Gは処理性能が高いため、処理性能に満足して購入される人が多い特徴があります。Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gの詳細情報ですが、「RAM/ROMは12GB/256GB、OSはAndroid 10、CPU Snapdragon 865 Plus、バッテリー容量は4500mAh」です。Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gの特筆すべき点は、CPUが最新のものになっているところでしょう。そのため、現在使用しているゲーミングスマホでは処理が重くなる・・・そんな人であれば、Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gの良さを痛感できるかもしれません。
その他の情報としては、「通信速度が受信時最大:5G 4.2Gbps /4G(LTE) 1.7Gbpsとなり、送信時最大では5G 480Mbps /4G(LTE) 75Mbps」となりますので、こちらについては、5G対応スマートフォンの中でも平均的なスペックとなっています。しかしSamsung Galaxy Note20 Ultra 5Gは、「ディスプレイがQuad HD+/Dynamic AMOLED 有機ELを採用、生体認証・指紋認証・顔認証あり」という、他の5G対応スマートフォンではあまり見られない多機能、高品質を秘めているのです。
ゲーミングスマホの特徴としては、「タッチレートが240Hz、RAM12GB搭載し、バッテリー容量が大容量、ベイパーチャンバー冷却システムあり」となります。冷却システムありなのですが、バッテリー容量はハイスペックゲーミングスマホとしては少し低いので注意してください。そのため、長時間のゲームプレイがひんぱんに発生する人には、Samsung Galaxy Note20 Ultra 5Gを強くオススメすることができません。”東京オリンピック開幕東京2020オリンピックのワールドワイド公式パートナーサムスン電子公式ページ

耐久性抜群!TORQUE 5G KYG01

“登山やキャンプが趣味、という方にスマホ選びはとても大切です。今回は、耐久性に優れた「TORQUE 5G KYG01」をご紹介致します。2021年3月に発売されたばかりのスマートフォンでOSは最新のAndroid11を搭載、5.5インチとコンパクトなディスプレイながらsnapdragon765を搭載したミドルレンジモデルとなっています。また最大の特長は、TORQUE史上最多となる28項目もの試験に合格した耐久性に優れたスマートフォンである点です。落としても割れにくく、汚れが付着してしまった場合には泡ソープでそのまま洗いながせる優れものです。アウトドア用としてだけでなく、普段の生活で毎日使うものなのでいつでも清潔に使えるスマホを選びたい方におすすめします。
特にキャンプや登山などで、外で使用することが多い方にとっては割れにくいディスプレイを搭載しているというのはとても重要なポイントになります。万が一、手から滑って落としてしまったなんて時に画面が割れてしまったら大変です。そうした場合に、落下時の衝撃を防ぎガラス割れを低減してくれる特別なガラスを使用しているので安心です。
他にも、温水シャワーや耐振動、氷点下の寒い時期にも安心して使うことができます。様々な試験を乗り越えて合格したTORQUE 5G KYG01だからこそ、安心して使えますね。
また写真撮影においては、TORQUE 5G KYG01という機能が搭載されているため、日時や天気などの情報も一緒に載せることができます。思い出の一枚にしっかりと日付を記入できる点は嬉しいですね。
またコンパクトなサイズでありながら、メインカメラとワイドカメラを備えたデュアルレンズ使用で暗い場所でも明るく撮影できるナイトモードも搭載しています。わざわざカメラの設定を切り替えることなく、明るく美しい景色を収めることができるのでとても便利です。またシャッターボタンを押して、端末を横方向または縦方向に動かすだけで360°広がるパノラマ撮影も可能です。登山をしたり、キャンプによく行く方にとってはとても嬉しい機能ですね。また、Action Overlayは釣った魚のサイズを計測し、名前を自動的に表示してくれる機能も搭載しています。登録してある200種類あまりの魚に限りますが、様々な情報を写真と一緒に残せるので後から見返した時にとても便利です。そして、TORQUE 5G KYG01は水中の中でも撮影できるので非常に面白いです。海の中でもプールでも思い通りの写真を簡単に撮れる、まさに優れものです。
その他、撮った写真をそのままSNSにアップしたり、QRコードの読み取りなど様々な機能をより快適に、アクティブに使える一台となっています。是非、耐衝撃に優れたTORQUE 5G KYG01を候補として考えてみてはいかがでしょうか。”詳しくはこちら

Xperia 8 とは?

“Xperiaシリーズの中でも、今回は「Xperia8」について詳しくみていきたいと思います。様々な新機種が登場しているので、どの機種がいいのか迷っている方も多いと思うのでスペックや価格、その他Xperiaシリーズとの違いについてもご紹介したいと思います。
まず、Xperia8は2019年10月15日にワイモバイルとauからリリースされたandroidスマートフォンです。本体価格はキャリアでの定価で3~6万円台となっています。今までのシリーズの中では、Xperia10にFelica機能が搭載され、防水防塵機能が搭載されたモデルです。またディスプレイは、21:9のシネマワイドディスプレイとなっているので大きくてとても見やすいです。ちなみにXperiaシリーズで21:9のシネマワイドディスプレイを採用しているスマートフォンは他に「Xperia5」と「Xperia1」があります。いずれも縦長ディスプレイで、二つのアプリを起動することができるのでタスク処理もしやすくおすすめです。
また「Xperia 8 Lite」が2020年8月に発売されています。Xperia8との違いは、SIMロックが解除されたSIMロックフリー版であること、Xperia8よりも価格が抑えられているので購入しやすく、バッテリー容量が強化されたモデルです。ただこちらは、DSEE HXが非対応になっているので注意してください。SIMロックフリー版をお探しの方は、Xperia 8 Liteも検討してみてくださいね。
Xperia 8の最大の特長は、防水防塵機能が搭載されているので万が一の場合にも安心して使えること、画面が広く大きなディスプレイを購入しようと思ったら10万円以上の高額なXperiaシリーズを購入しなければならなかったのですが、Xperia8はシネマワイドディスプレイを搭載しながらも手頃な価格で楽しめるスマートフォンとなっています。従来のXperiaシリーズと比較すると、およそ半分の価格で購入できる点が魅力といえます。ハイスペックなXperiaのスマホを試したみたいけど、価格が気になって購入できないという皆さんにもお試ししやすい機種といえるでしょう。
またXperia8は、イヤフォンジャックを搭載しているので今お手元にある有線イヤフォンで音楽を楽しみたい方、高音質は音楽を楽しみたい方にもおすすめします。ハイレゾ音源に対応しているので、音楽にこだわりがある方、休憩中はずっと音楽をかけているという皆さんも十分楽しめる機能となっています。
CPUもsnapdragon630を搭載しているので、普段使いとして使う分には十分なスペックとなっています。普段から重たいゲームをしたり、ハイスペックな機能を求めていない方であれば快適に使えるでしょう。是非、この機会に一度検討してみてくださいね。”

ミッドレンジの中でも最上級!OPPO Reno A

“今回は、OPPOの「Reno A」をご紹介したいと思います。ディスプレイは、6.4インチの大画面ディスプレイに6GBのRAMと64GBのROMを持っているので、アプリをダウンロードしたり動画や写真などの撮影をしても十分な容量を備えています。またCPUにsnapdragon710を搭載したミドルレンジモデルでありながら、本体価格は3.5万円からと非常に低価格モデルになっています。しかも、OPPOシリーズはこれまでも沢山のシリーズが登場していましたが、これまで芸能人をイメージモデルとして起用することはありませんでした。そうした中で今回、日本でも人気タレントである指原莉乃さんを起用したことで、一気に注目を集めています。テレビCMでもお馴染みの機種となりつつあるOPPOのスマートフォンですが、実は価格と中身のバランスが非常に良くコスパ最強のスマートフォンでもあります。安くて品質重視のスマートフォンをお探しの方は、是非検討してみてください。
ちなみにミッドレンジモデルのスマートフォンなのですが、感覚的には6~7万円台のスマートフォンとほぼ変わりありません。ハイエンドモデルではないものの、ミッドレンジモデルの中でも最上位のモデルと言えます。
本体169gという軽さを見てもかなり使いやすいです。6.4インチの大画面ディスプレイを搭載しながらこの軽さを実現していること、日本でも人気のタレントさんを起用するなどCMに力を入れているだけでなく、実際にスペックも非常に優れているスマートフォンである点など魅力も満載です。
また本体価格3万円台でDSDV(スマホの回線を二つ同時に使える便利な機能)と、おサイフケータイに対応しているスマートフォンは他にありません。これだけの安さを実現しながら、スペックも非常に充実している一台と言えます。
また普段からスマホでゲームをされる方にも嬉しい「ゲームスペース」という機能も付いてます。これは、特定のアプリを利用した時やバックグランドを制御したり、メモリを解放する時、そしてゲーム中の操作をより快適に楽しめるようにCPU性能をアップさせる機能が搭載されています。ただし、完全なゲーミングスマホというわけではないので、限界はありますがそれでも通常のゲームや2D程度のゲームでしたら問題なく楽しめます。バッテリー容量も3600mAhを搭載しているので、一日使う分には十分です。
たった3万円台で700番台のsnapdragonを搭載している点や、バッテリー容量も十分なものを搭載している点を見てもまずありえないですね。これだけのスペックを備えたスマートフォンは他にはほとんどないでしょう。
OPPOシリーズは、まだ日本に進出してから歴史が浅いためご存知ない方も多いのですが、これから間違いなく注目されていく一台になるはずです。もしコスパ重視で選びたい方、二代目としてお探しの方にもおすすめします。是非一度検討してみてはいかがでしょうか。”

カメラ機能で選ぶなら!Galaxy S20+ 5G

“スマホを選ぶなら、カメラ機能が充実しているスマホで選びたいという方に今注目の「Galaxy S20+5G」をご紹介します。最近では、様々なスマートフォンが販売されているのでどの機種を選んだらいいか分からない、という方も多いと思います。バッテリー容量を重視する方もいますし、それ以外に外観やスペックなどそれぞれ抑えておきたいポイントは様々だと思います。その中で今回は、SNSにアップすることが多い方などカメラ機能が気になっている方におすすめしたいと思います。
Galaxy S20+5Gには、今トレンドとなっている広角カメラ、超広角カメラ、望遠カメラの三つのカメラが搭載されています。どんな場所でも明るく撮れること、超広角カメラの視野角120度で景色をダイナミックに撮影できること、ズームに特化した望遠レンズによって最大30倍もの超解像度ズームを楽しむことができます。例えば、遠いとこから撮影した場合にも細かな部分までズームして撮影できるので被写体や人物を撮影する時にぴったりです。またGalaxy S20+ 5Gには、トリプルレンズに加えて深度センサーが搭載されているため、一眼レフで撮影したような美しいボケ感を演出することができます。
また新機能として「シングルテイク」機能が搭載されている点も大きな魅力です。シングルテイクとは、一度の撮影で様々な写真や動画を撮影できる新しい機能です。一度シャッターを押すと、数秒間から数十秒の間で三つのレンズがそれぞれ記録した映像や写真をAIが起動して、ベストショットを撮影してくれるのです。レンズの使い方が分からない方や、一度の撮影で色々な角度から撮影をしたい時に便利です。
他にも食事モードなど、被写体に合わせて適切なモードで撮影できるので初心者の方でも簡単に綺麗な写真が撮れるので、とてもおすすめです。
またカメラ以外にも、映像の滑らかさを示すリフレッシュレートが120Hz駆動と非常に滑らかなので、画面をスクロールした時にこれまでとは違う滑らかさを体験できます。ニュースアプリを見たり、スマホで検索する時にも便利です。
また画面内に内蔵された指紋認証によって簡単にロック解除できる点も魅力ですね。顔認証だと、どうしてもマスクを付けたままでは解除できないので、指紋認証機能が搭載されているGalaxy S20+5Gは非常に便利です。そして何といっても、今流行の5G通信にも対応しているということでゲームも快適に楽しめますし、アプリを複数同時に利用してもサクサク動く点は魅力となっています。
是非、カメラ機能でスマホを選びたい方は、候補の一つとして選んでみてはいかがでしょうか。”

5G対応のミッドスマホ・Galaxy A51 5Gがついに発売!5Gで世界はどう変わる?!

“androidで人気のSamsung社のGalaxy A51 5Gが11月中旬に日本でも発売が決定しています。またApple社のiPhone12も販売予約がスタートし、5G対応のスマートフォンが続々と登場してきています。次世代移動通信である5G回線の実用化が始まっており、5Gのスマホに買い替えたい!と考えている方も増えているでしょう。ここでは5G対応のスマホの気になる事を色々と解決していきましょう。
5G対応のスマホはすでに各キャリアから発売されており、2020年以降に発売されたハイエンドモデルに関してはすべて5G対応のスマホとなっています。4Gから5Gに進化することで、通信速度は約20倍になると言われています。また遅延も10分の1に減少、同時接続台数も10倍に増加します。ちなみに大手キャリアの5Gスマホ発売は以下の通りになっています。
・docomoスマホの5G:2020年3月25日~
docomoの5Gプランは、5Gギガホと5Gギガライトの2つのプランから選択できます。
・auスマホの5G:2020年3月26日~
auの5Gプランは、大容量プランとライトユーザー用プランの2種類で、「Netflix (ベーシックプラン)」「Apple Music」「YouTube Premium」「TELASA」とデータ通信使い放題がセットになったお得なプランも登場しています。
・ソフトバンクスマホの5G:2020年3月27日~
ソフトバンクでは4G向けのメリハリプランとミニフィットプランに月々1,000円プラスすれば、5G通信も使用できるようになります。
・楽天モバイルの5G:2020年9月30日~
楽天モバイルの5Gプランは「Rakuten UN-LIMIT V」の1種類のみ。現在4Gの料金プランを利用している人はそのままプランを継続できます。
各社ともに5Gタイプのプランを取り揃えているので、Galaxy A51 5Gを購入すればすぐに5G通信の快適さを実感できるでしょう。ただ5Gそのものが日本ではまだまだ普及していない現状です。対応エリアがかなり限られているので、すぐに日常的に使用できるかというと難しいでしょう。4Gも完全な普及までには5年程度かかっているため、5Gが現在の4Gのように根付くようになるには、数年はかかるかもしれません。
5Gスマホを誰でも使用できるような時代になれば、私達の生活はまた進化をするでしょう。例えば車で5Gを活用すれば、あらゆる情報をリアルタイムで受け取ることができるようになります。数㎞先の障害物、事故をリアルタイムでドライバーに通知して、う回路などを提案してくれるようになりますし、快適な運転ができるようになります。また動画配信サービス、音楽配信、インターネットなどのカーナビで利用できるようにもなるでしょう。さらに自動運転も5G技術が使われます。
さらに5Gでは4Kや8Kといった高精細映像を扱えるようになるので、ビジネスにも変化が生まれます。高精細映像を通信会議で活用し、リモートワークがさらに普及することでしょう。新しい働き方改革が進むと言われていますよ。5Gはスマホだけに関わる技術ではなく、スマホ以外のすべての「モノ」をつなげるための技術なのです。まずはスマホから5Gを体感するのが敷居が低いので、5G対応のGalaxy A51 5Gに関しては期待値が大きくなりますね。”Galaxy A51公式サイトはこちら

驚きの2万円台!Redmi 10X/Pro 5Gとは?

“中国シャオミのサブブランド「Redmi」から、2万円台で購入できる5G対応スマートフォン「Redmi 10X/Pro 5G」が発表され、早くも注目が集まっています。Redmi 10X/Pro 5Gは、チップセットにDimensity 820を搭載しており、高性能スマホでありながら低価格という点が非常に魅力のスマートフォンです。5G対応の新しいスマートフォンを試してみたいけど、どれも価格が高くて試せないでいる、という方は是非この機会に検討してみてください。
シャオミの公式HPでは、5G通信対応の高速通信が可能で、AnTuTuスコアも41万点を超えると謳っています。低価格なのに、高性能、話題の5G通信対応スマホなら一度は試してみたいですね。ちなみに画面をタッチしてから反応するまでのタッチサンプリングレートは、180Hzとなっています。この周波数が高ければ高いほど精度が高いことを表しています。特にスマホでシューティングゲームや、バトルロワイヤルといったモバイルゲームをよくされる方は必見です。2万円台で180Hzを超えるスマートフォンは、ほとんどありません。性能を重視しながら、でも価格も抑えたいという方におすすめです。
ちなみにカメラは、Redmi 10Xが4800万画素のメインカメラに800万画素の超広角カメラと深度センサーを搭載、Redmi 10X Pro 5Gは4800万画素のメインカメラに800万画素の超広角カメラと望遠レンズ、500万画素のマクロカメラが加わったクアッドカメラになっています。もし、どちらにしようか迷った時はカメラの数で選んでみてもいいですね。その他は、どちらもインカメラに1600万画素、バッテリーは4520mAhの大容量バッテリーを搭載しています。
本体サイズも6.57インチで、Redmi 10X Pro 5Gが208gと3gほどRedmi 10Xよりも重くなっていますが大きな差はありません。
33Wの急速充電にも対応していることから、短時間で充電できるといったメリットもあります。今発売されているスマートフォンの中で、5G通信に対応しながらカメラ性能に優れ、AnTuTuスコアも41万点を超えるスマートフォンは他にはないでしょう。
ミッドハイスマホと呼ばれていますが、スペックやカメラ、ディスプレイはフラグシップスマートフォン並みの機能を備えています。
本体価格は、Redmi 10Xが日本円で約2万4200円、Redmi 10X Proが3万3600円となっています。
もし5G通信は不要、という方には5G非対応になっている「Redmi 10X 4G」もあるので、是非こちらも参考にしてみてください。”

Galaxy A41のスペックとは?

“今回は、UQモバイルから7月中旬以降に発売される「Galaxy A41」についてご紹介したいと思います。すでにドコモやauから発表されている、ミドルレンジモデルということで注目が集まっている商品でもあるので是非、チェックしてみて下さいね。
まず今回UQモバイルから発売されるGalaxy A41は、指紋認証センサーが本体に内蔵された6.1型の有機ELディスプレイを搭載しています。6.1型なので、片手でも操作しやすく握りやすいです。スマホはコンパクトで使いやすいもの、持ち持ち運びに便利なものを選びたいという方も是非参考にしてみて下さい。ちなみに本体の横幅が約70mmとなっており、他社のスマホと比べても非常にコンパクトなサイズとなっています。手に馴染みやすく、フィットしやすいサイズ感なので使いやすいです。
そんなコンパクトなGalaxy A41は、デザインだけではありません。普段からお子さんやペット、植物など様々な被写体をカメラに収めたい、という方にも満足して頂ける4800万画素の「メインカメラ」にしたトリプルレンズとなっています。他は、800万画素の「超広角カメラ」と500万画素の「深度即位カメラ」を搭載しているので、まるで一眼レフで撮影したかのような美しい写真と、背景をボカしたおしゃれな写真も簡単に撮れるようになっています。また写真撮影をより楽しみたい方や、初心者の方でも綺麗に撮れる機能として注目されているのがAIによるシーン判別機能と、写真の手ブレ修正機能、目を閉じてしまった場合に作動する撮り直しアラートも搭載されています。カメラ機能は、ハイエンドクラスのスマートフォンと変わらないスペックを持っていることが分かります。
またスマホを選ぶ上で欠かせない、防水防塵機能やおサイフケータイにも対応しています。SOCは、MediaTek MT6768を搭載、メモリーは4GB、ストレージは64GBとなっているので基本的な使い方であれば十分快適に使えます。重たいゲームを何個もダウンロードする、といった使い方でなければ問題ありません。
OSはandroid10を搭載、バッテリーも3500mAhなので一日中使っても電池切れする心配もありません。
デザインはとってもシンプル、光の反射によってオーロラのような美しい光の反射が楽しめる美しいデザインになっています。カラーバリエーションは、ブルー、ブラック、ホワイトの三種類がラインナップされています。本体価格も3万円台からということなので、ミドルレンジモデルとしては打倒なスマートフォンではないでしょうか。是非、一度検討してみてくださいね。”

Realme 6ってどんなスマホ?

“2020年3月に発売された「Realme6」が早くも話題になっています。Realmeとは、OPPOのサブブランドです。スペックや性能、デザインを見ても分かる通り流石OPPOのサブブランドだなという印象です。しかも今回、発売されたRealme6は本体価格1万円台と2万円台という超激安スマホとなっています。これだけ価格が安いと、スペックも低いのではと心配になる方もいるでしょう。そんなRealme6について詳しくみていきたいと思います。新しくスマホの買い替えを検討されている方、これから買い替えを検討している方も是非参考にしてみてください。
Realme6は、android10ベースのRealme UIを搭載、スマホの心臓部であるSOCには薄型のチップとしても有名なMediaTek Helio G90Tを採用しています。これは、どのくらいの性能かというと、普段使いとして使う方にも十分快適に使えるレベルです。大多数の方が不満を抱くことがないかなりハイスペックな性能です。また普段からスマホでゲームをされる方や、動画を良く見る方、重たいゲームをダウンロードしている方も設定次第で非常に快適に使えるスマートフォンとなっています。MediaTek Helio G90Tは、ゲーミングスマホにも使われるレベルのSOCなので、かなりハイスペックなスマホだといえます。
またAnTuTuベンチスコアは、約27万点なのでミドルレンジモデルの中でも最上級のスマホであることが分かります。メインカメラの他に超広角カメラを備え、ポートレートモードやマクロレンズ、ナイトモードにも対応しています。また自動で色や明るさを調整してくれるAI機能も搭載しているので、初心者の方でも綺麗な撮影を楽しめます。そして撮影中にブレてしまうのを防いでくれる手ぶれ補正機能や、ビューティーモードにも対応しているのでSNS映えの美しい写真も簡単に撮れます。
今回、指紋認証機能や顔認証機能にも対応していることから、セキュリティの面でも安心して使えるスマートフォンとして注目を集めています。
またバッテリー容量も4300mAhと大容量なので、一日中安心して使える点もポイントが高いですね。これだけのスペックを備えながら、本体価格は1万~2万円台というのははっきりいって激安です。ここまでの性能を備えたスマートフォンなら、倍以上の値段がしてもおかしくありません。
もしスマホの本体価格が気になってなかなか、買い替えできていないという方はこの機会にHONOR6を検討してみてはいかがでしょうか。”UQモバイルスマホ一覧