arrows Jでキャッシュレス生活をはじめよう!

2019年10月から増税が始まり、現金で支払うよりもクレジットカードや電子マネーで支払うことでよりお得な生活ができるようになりました。「キャッシュレス化」なんて言葉もよく聞くようになりましたね。そこでarrowsJでは、キャッシュレス生活をこれから始めたいと思っている皆さんに嬉しい電子マネーやクーポンを気軽に利用できる「おサイフケータイ」に対応しています。電車通勤をされている方や、バスをよく利用される方はスマホのおサイフケータイにお金をチャージしておくだけで、簡単に支払いをすることができます。小銭を出すのが面倒な方は、スマホをかざすだけで支払いが完了するのでとても簡単で便利です。もしこの機会にスマホデビューをしてお得なキャッシュレス生活を始めたい方も是非、検討してみてください。難しい操作もなく、画面も分かりやすいので初めてのスマホデビューに是非、arrowsJを候補に入れてみてはいかがでしょうか。

galaxy S11はカメラが5つ?

SamsungのgalaxyS11は、カメラレンズが五つ搭載されている可能性もあると言われています。望遠レンズと、超広角レンズ、広角レンズに加えて3Dtofセンサーとあと一つが何かまだ明らかになっていません。ただし、カメラのレンズの右下にあるのはカメラではなくレーザー・オートフォーカスモジュールといって、カメラのピントを合わせる方式の一つではないかと言われています。いずれにしても、今回海外で注目を集めているS11はかなりハイスペックなスマホになることは間違いないです。まだ海外でも未発売ということで、正式な情報は発表されていませんが日本でも近々発売されるとすれば、期待したいですね。特に最近では、若い世代だけでなくカメラを使って撮影を楽しむ方も増えています。毎日の生活の中でスマホのカメラは良い性能のものを使いたいという方は、年配の方も同じです。気になる方は今後の正式発表を楽しみにしていてくださいね。

HUAWEI nova 5Tのデザインは?

画面占有率は91%とかなり高い率でデザインされた今回のHUAWEI nova 5T、気になるカラーバリエーションは「ミッドサマーパープル」、「クラッシュブルー」「ブラック」の三種類となっています。高級感のある光沢デザインが特徴です。NOVAのロゴがお洒落なミッドサマーパープルは、よりインパクトがありオシャレな印象です。シンプルなデザインがお好きな方はブラックがおすすめですし、光が当たるとわずかにグラデーションを楽しめるクラッシュブルーもオシャレで素敵です。本体裏側に四眼カメラが搭載されており、撮影も簡単に楽しむことができます。指紋認証や顔認証にも対応しているので、セキュリティー対策も万全です。バッテリー容量も3750mAhあるので、一日中スマホを使うことが多い方、こまめに充電をするのが苦手という方も安心して使うことができます。見た目もおしゃれで使いやすさも抜群、これだけのスペックが揃っていて5万円代なんて信じられないですね。是非新しいスマホとして検討してみてはいかがでしょうか。

「A5 2020」と「RENOA」のカメラ機能を比較!

OPPOシリーズのスマホが良いけど、RENOAとA5 2020で悩んでしまう方は、カメラ機能にどのような違いがあるか参考にしてください。まずはA52020の特徴として、超広角カメラが付いたクアッドカメラという点が大きな特徴です。その他にも動画をブレずに撮れる手ブレ修正機能や、ウルトラナイトモード搭載なので夜の街も綺麗に映すことができます。また自撮りをよくされる方に嬉しいAIビューティー機能がついているので、お肌の状態を綺麗に撮影してくれます。他にもスローモーション機能搭載なので、撮影が楽しくなります。RENOAは、デュアルレンズカメラ搭載、LEDフラッシュやAIによる22シーンの判別によって自動で美しく修正してくれます。A52020にない機能としては、デジタルズームが最大で10倍カメラを搭載しているので、デュアルカメラでも十分に遠くにある被写体を綺麗に美しく撮影することができます。クアッドカメラが良いのか、デュアルカメラでも遠くにある景色を綺麗に撮れるものが良いのか、是非比較しながら検討してみてください。

AQUOS zero2はパラレル充電に対応!

ゲーミングスマホとして登場する「AQUOSzero2」の魅力はパラレル充電に対応している点にあります。パラレル充電とは、充電しながらゲームをしても、発熱を抑えてくれる機能です。二つの充電ICを使うことで発熱源を分散させて、充電時の発熱を抑えてくれる働きがあります。そのため、長時間ゲームをすることが多い方にとってはとても嬉しい機能です。どうしてもゲームをしていると、長時間没頭してしまうことはあるものです。そうした場合に、本体が熱くなってしまうとバッテリーが傷つかないかなとか、本体による影響を心配してしまいますが、AQUOSzero2ならパラレル充電ができるので安心して使うことができます。AQUOSzeroでもこのパラレル充電は、搭載されていたので使い方や安心性は保証されています。パラレル充電に対応したスマホをお探しの方は、是非参考にしてみてください。ゲーム以外にも動画を長時間みることが多い、という方も必見です。

Xperia5はデザインが美しい!

今回、日本でも発売予定の「Xperia5」のデザインは、Xperia1とは少し異なる雰囲気となっています。デザインのテーマは「Flow of Light」、自然の光や環境に溶け込みやすいデザインを目指して作られたそうで、優しい色合いが特徴です。背面ガラスに透明蒸着処理を施すことにより、ガラスの透明感と一体感のあるデザインとなっています。ちなみに透明蒸着処理とは、高温で気化させた溶剤によって製品の表面を薄く溶解させて、溶かすことでよる滑らかでツルツルな仕上がりにする方法です。おの技術によって、Xperia5は本体を見る角度や光の加減によって色合いが様々に変わって見えるのが面白いデザインとなっています。ブルーは落ちついた紺色のような配色、グレーは角度によってはホワイトにも見えます。レッドは、見る角度によってはボルドーのような深みのある色に見えるのが特徴です。自然のカラーに馴染みやすいデザインになっていて非常に美しいです。

Xperia8の本体価格はキャリアによって違う!

今お使いのキャリアによって機種変更をしたり、キャリアを変えた方がお得にXperia8を購入することができます。キャリアによってXperia8の本体価格が違うので、どこのキャリアで購入すればよりお得になるのか?しっかり調べておきましょう。ちなみにauでは本体価格59,040円となっていますが、ワイモバイルでは54,000円で購入することができます。UQモバイルでは、機種変更をすることで一万円以上の割引を受けられるので「Xperia8」をもう購入すると決めている方は、今お使いのキャリアだけでなく他社ではいくらで販売されているのかチェックしておきましょう。Xperia1と比較するとおよそ半分の値段で購入できるので、値段重視で選びたい方、そこまでハイスペックなスマホはいらないなという方は是非検討してみてください。21:9のワイドディスプレイも一度手に持って実際に使ってみると、使い勝手が分かっておすすめです。

おてがるスマホ01の本体代はいくら?

使いやすくて安心安全な「おてがるスマホ01」、気にある本体代について確認しておきましょう。UQモバイルのオンラインショップでの本体価格は、36,828円となっています。一括で支払いができれば月々の月額料金は、基本料金だけで済むのでおすすめですが、もし難しい場合には二年間の分割払いもおすすめです。その場合は、初回のみ2,052円で、あとは1,512円ずつの23回払いとなります。もう少し安くしたい方は、おしゃべりプランやぴったりプランにすることで、マンスリー割が受けられ、実質負担額は21,276円で購入することができます。約15,000円もお得になるプランなので、是非検討してみてください。ただし、電話をあまり使わない方や、ネットを良く利用する方は月額料金だけでなく、自分に合ったプランを選ばないとお得にならないこともあるので、プランを選ぶ時は下調べをしてから申し込むことをお勧めします。是非、参考にしてみてください。

AQUOS R3の大きさは?

AQUOS R3を使いたいけど、実際の大きさが気になる、手に持つとどのくらいなのでしょうか。AQUOS senseと比べてみると、一回り大きいかなといった感じです。重さは185g、大きさはそこまで大きいなという感じではありませんが、最近のスマホならではのサイズ感があります。参考までにプリッツの箱と比べてみると、それよりは少し小さいかなという感じです。女性の方で手が小さい方、片手で操作したい方には少し大きすぎるかもしれません。ただ、普段から動画をみたりゲームをされる方、ネットで調べものをしたり電子書籍を読むという方には、このくらいのサイズ感があった方が一度に表示される情報量が多く、見やすいかなと思います。毎日使うからこそ、見やすさを重視するのか、それとも手に持った感じの軽さや持ちやすさを重視したいのか?一度検討してみてください。AQUOSならではのデザインやスペック、を総合的に考えて選んでみるといいですね。

Xperia Ace SO-02Lが向いている人!

スマホを新しく新調したいなと思っている方、できれば格安で性能の良いスマホをお探しの方におすすめなのがXperiaシリーズのAce SO-02Lです。ドコモのスタンダードモデルと言われるXperiaAceは、普段こんな使い方をされる方におすすめです。LINEやTwitter、その他動画アプリやGoogleアプリといった比較的重くないシンプルなアプリを使うことが多い方、アプリを使うといっても一度に複数のアプリを使うことがない方、使うとしても一つのアプリを短時間だけ、もしくは一日の中でもそれほど使う回数が少ない方に向いています。XperiaAceのディスプレイは5.0インチ、バッテリーは2700mAhとなっています。カメラも広角のインカメラを搭載しており、一度に広い範囲を映し出すことができるのでよく自撮りをされる方にもおすすめです。そういった意味でシンプルな使い方をされることが多い方向けのスマホを言えるでしょう。