スマホの初期化設定をする時に必要なのは?

スマホの初期化設定もどうしてもやらなくてはいけない時もあります。
スマホの初期化をしないとデータが守れないですからね。
スマホの下取りに出したりする時などは重要になります。
最近ではスマホを下取りに出す方も増えてきています。
その理由としては、スマホを購入すると高くなるので、下取りに出して少しでもスマホ代金を安く使用と思うからです。
スマホの下取りに出すのは嫌なのですが、やっぱり人気のスマホだったら高く買取をしてもらえるのです。
そうなればやっぱり下取りに出したくなるのです。
スマホの初期化設定もやらなくてはいけない時がどうしてもでてきますが、初期化設定をする場合きちんとデータを消せるようにしましょう。
そうしないとやっぱりデータが他人に漏れてしまう恐れがあります。
最近ではやっぱり悪質な方もいます。
初期化したデータを復元してなんて人もいますから注意をしていかなくてはいけません。
初期化をする前には、絶対にデータを暗号化する事はおすすめしますね。
結構こういうのを知らない人もいるので、きちんとデータを消す前に暗号化を忘れないようにしておいてください!
データはしっかりと守りましょう!

キヤノン、スマホ連携のフォトプリンター新機種「SELPHY CP1300」

キヤノンは、写真専用プリンター「SELPHY CP1300」を10月上旬に発売します。同社直販価格は1万3800円(税抜、以下同)となります。「SELPHY CP1300」は、L版サイズまでの写真印刷に対応する小型の昇華型プリンターで、Wi-Fiで接続して、スマートフォンで撮影した写真をプリントできるようになります。前モデル「CP1200」との違いはディスプレイです。2.7インチから3.2インチへと大型化し、メニュー画面のユーザーインターフェイスを改善。検索では日付による画像の絞り込みなどに対応しました。スマートフォンとの連携では専用アプリのほか、iOSの「AirPrint」や、Android 8.0が標準搭載する「Mopria」をサポートします。さまざまなアプリから直接印刷できるようになります。大きさは約180.6×135.9×63.3mmで、重さは約860g。別売のバッテリーユニットを装着すれば、コンセントが無い場所でも使用可能です。交換用紙とインクのセットは、L版・36枚入りで1260円~となっています。
スマホの充電トラブルを回避しよう! | ヒント | Discover

LEDのドット絵でデザインアニメを楽しめるBluetoothスピーカー

Divoomから、本体前面にLEDによる表示パネルを持ったBluetoothスピーカー「Timebox mini」が、9月15日より発売されます(10月31日まではMoMA Design Storeでの先行販売。11月以降、専門店、家電量販店での販売を開始予定)。価格はオープンで、想定市場価格は¥8,000前後となります。Timebox miniは、W900×H912×D38mmの直方体の形をしたコンパクトなBluetoothスピーカーです。前面には、横11×縦11の合計121灯のLEDが仕込まれていて、そこに自分でデザインしたドット調の図柄や、動きを付けたアニメーションを表示できるという、遊び心を持った製品です。前モデルTimeboxから二回り(幅と高さで約25mm)ほどダウンサイジングしていて、デスクトップのインテリアとしての設置性も高まっています。また、LEDライトの個数は同じなので、図柄やアニメなどは、前作同様の表示が楽しめます。

ソフトバンクのiPhoneに「迷惑メール自動振り分け機能」、SMS/MMSが対象

ソフトバンクは、iPhoneユーザー向けのサービス「迷惑電話ブロック」にて、「迷惑メール自動振り分け機能」の提供を9月22日に開始しました。「迷惑電話ブロック」(月額300円、税抜)または「iPhone基本パック」(月額500円、税抜)に加入するユーザーが利用できる。なお、迷惑電話ブロックは、App Storeでも月額350円(税込)で提供されていて、他キャリアのユーザーも利用できます。「迷惑メール自動振り分け機能」は、トビラシステムズと愛知県警察本部が提供する、迷惑電話番号のリストを活用した機能です。SMSの送信元や本文内に記載された電話番号が詐欺などに使用された番号だった場合、受信と同時に「迷惑メッセージ」フォルダに振り分けられます。プッシュ通知なども非表示になり、誤って開く可能性を軽減するということです。対象は、SMSおよび「@softbank.ne.jp」ドメイン宛のMMS。iMessageや「@i.softbank.jp」宛のメールは対象外となります。
スマホの動きをよくする、メモリの「解放」とは︖ | ヒント | Discover

“ヤマハ、どんな部屋でも理想的な音を再生するレシーバーR-N803発売 “

ヤマハから、ネットワークレシーバー「R-N803」が8月下旬に発売されます。価格は11万円(税別)で、カラーはシルバーとブラックの2種類をラインナップするとのことです。本機は、ハイレゾ音源に対応したネットワークオーディオ機能、USBメモリー等からのストレージ再生機能、プリメインアンプ機能、ワイドFM/AMチューナー、MM対応フォノ入力等を一体にした多機能プレーヤーです。2015年に発売されたR-N602の上位モデルとなります。DACチップはR-N602がバーブブラウン製だったのに対し、本機は新たにESSテクノロジー製の「SABRE9006AS」を搭載しています。ネットワークオーディオにおいて、最大で192kHz/24bitのPCM、5.6MHzのDSDのネイティブ再生に対応します。また、前面のUSBタイプA端子にUSBメモリーやHDDなどのストレージを接続し、それらに保存してあるハイレゾ音源を再生することも可能です。この場合にも、PCMは最大192kHz/24bit、DSDは5.6MHzまでのネイティブ再生をサポートしています。

スマホの初期化設定をしてしまった場合、、、

スマホを初期化設定した時にデータは全部きちんと残るのか心配がありますよね。
バックアップを取っておけば大丈夫なんて思ったりもしますよね。
もちろんバックアップを取っておけばほとんどの大事なデータは保存することができます。
しかし、バックアップを取っていたからといってすべて戻る訳でもなかったりするようですよ。
スマホの機種によっては、アプリやスマホの設定などは初期化されてしまう可能性があるようです。
なので、そういうのも心配な場合は初期化をする前にメモをしておけば安心です。
やっぱりスマホのデータで写真や動画が大切だったりしますよね。
そういったデータはきちんとバックアップさえ取っていけばいいと思うのですが、何かでIDとパスが必要なものもあります。
そういったものはきちんと把握しておくと困らないかもしれません。
結構IDとパスが分からずログインができないなんてアクシデントもありますからそういった部分にも注意が必要そうです。
アプリなんかもバックアップができるアプリなんかもあるのでそういったものを活用をしてみると心配ないかもしれません。
色々な時に備えて準備をしておくといいですよ。

「なんと蓄電1年」アウトドアや非常用に活躍するポータブルバッテリー

アウトドアの醍醐味と言えば、都会の喧騒を離れた、自然の中でのスローライフです。携帯はオフ、ランタンを灯してのんびりと、木々のそよぎに耳を澄ませる・・。とはいっても、友人や家族とのアウトドアともなれば、エンターテイメントが欲しい という場面もあります。音楽を楽しんだり、映像を観たり、スマホやタブレットを使いたい時に必要なのがバッテリーです。RIVERは、アウトドア愛好家の強い味方です。これまでのバッテリーとは一線を画すスタイリッシュなデザインと、重量11ポンド(約5キロ)と、気軽に持ち運び可能なコンパクトさなのです。この大きさだと、すぐ蓄電が切れてしまうのでは? と思われた人、心配はご無用です。蓄電期間はなんと1年だというから驚きです。ミニ冷蔵庫なら10時間、携帯電話の充電30回以上、ラップトップの充電なら3~5回程度の電力をストックすることができるのです。コンセント以外にも、車内搭載バッテリーや太陽光での充電も可能で、最大出力容量は500Wとパワフルです。アウトドアの他にも、河原でのBBQ、野外での写真撮影、運動会での動画撮影など、活躍の場面は多種多様となっています。いざという時の充電切れにがっかりしないよう、ぜひとも手元に置いておきたいものです。接続口のバリエーションも豊富で、同時に最大11の機器を充電することができます。順番待ちをしなくていいのも嬉しい限りです。地震など自然災害が多く、日常生活における電力依存が高い日本では、非常用避難袋と一緒に備蓄しておくのもいいだろう。そんな場面でも、最大1年の蓄電能力が頼もしい限りです。備えあれば憂いなしですね。
スマホのバッテリーを長持ちさせたいなら – Galaxy Mobile Japan 公式サイト

世界的には小米が

IDC Japanから今年1月~3月のウェアラブルデバイスの出荷台数が発表されたそうです。ウェアラブルデバイスとは、スマホなどと一緒に活用することができるアイテム。それ自身では通信することはできませんが、ブルートゥースなどを使って腕にはめたりメガネのようにかけることで、私たちの健康維持に貢献したり、視野を幅広くしたり、作業の効率化ができるようになるもの。

このウェアラブルデバイスの出荷台数がが世界的に見ると伸びているそうです。一方、日本だけ見ると減少していると。。私の回りでもあまり・・というか、ほとんどウェアラブルデバイスを使っている人を見たことがないんですよね。なので、世界では利用されていても日本では少ない、というのは実感としてありますね。

では世界的に見て、どこのメーカーのデバイスが売れているのか、それは中国の小米だったそうです。ほぼ、日本では知られていないメーカーですよね^^その次にアップルとのこと。

世界と日本にはこんなところにも大きな違いがあるんですね~。

ドコモのおすすめスマホ「Galaxy S8 SC-02J」の魅力

様々なスマートフォンが発売されていますが、それと同じように使用する人も増えています。
それぞれ好みのスマートフォンを選んで使用していると思いますが、そろそろ機種変更しようと思っている人もいるでしょう。
そうした人にも参考にしてもらいたいのがドコモのおすすめスマホである「Galaxy S8 SC-02J」です。
このドコモのおすすめスマホは3,000mAhという大容量バッテリーを搭載していますので長時間使用しても安心ですし、外出だけではなく旅行に持って行ってもバッテリー切れの心配がないから良いですね。
また、カメラは約1,220万画素のアウトカメラと約800万画素のインカメラを搭載していますし、充実したカメラ機能も搭載していますので美しい写真を撮影して楽しむことができるでしょう。
それと、ディスプレイは約5.8インチの有機ELディスプレイを搭載していますので綺麗な映像や画像などが見やすくて良いと思います。
ボディサイズは幅約68ミリ、高さ約149ミリ、厚さ約8ミリ、重さ約150gという軽量コンパクトサイズになっていますので女性でも気軽に持ち歩くことができますね。
このようなドコモのおすすめスマホは一体感がある先進的なデザインも魅力になっていますので気になる人は使用してみてください。

スマホのゲーム「黒騎士と白の魔王」とは?

スマホのゲームの最新作で人気を集めているのが「黒騎士と白の魔王」というロールプレイングゲームです。
このスマホのゲームは迫力あるバトルは勿論のこと、数多くのやり込み要素を擁したゲームシステムを搭載していますので、ハマってしまう人は多くいると思います。
また、ムービーや音楽などで満足させてくれるゲームでもありますので、どんな人でも楽しめるゲームと言えるでしょう。
バトルシステムは「ウェイトシステム」となっており、最大4人マルチプレイで展開されるコマンド選択式のリアルタイムバトルです。
ですので、カウントダウンの中で選択が迫られますのでドキドキ感を味わいながら楽しむこともできますね。
それと、プレイヤーには活動拠点となるマイタウンがあり、そのマイタウンでオリジナルアクセサリーを生産して装備させ、キャラクターを強化させることができます。
マイタウンがゲームの行方を左右すると言っても大げさではないと思いますので力を入れたほうが良いと思います。
それに、マルチプレイだけではなく、チーム同士のギルドバトルなどの様々なバトルが用意されていますので、仲間とギルドを組んで頂点を目指すという楽しさもあるゲームになっています。