「JAL SBIフィンテック」設立。2018年度にプリペイドカード発行

JAL(日本航空)とSBIホールディングスは10月3日東京・天王洲にあるJAL本社で共同記者会見を開き、フィンテック(金融テクノロジー)を活用した新たなサービス提供に取り組むとして、共同持株会社「JAL SBIフィンテック株式会社」を設立し共同事業を行なうことを発表しました。両社は、共同事業の第1弾として、JAL、JAL SBIフィンテック、SBIグループ傘下の住信SBIネット銀行の3社で共同事業会社「JALペイメント・ポート株式会社」を設立し、2018年に国際ブランド・プリペイドカード事業に参入します。JAL 代表取締役社長の植木義晴氏は冒頭で、2017年~2020年の中期経営計画でフルサービスキャリア事業以外でのビジネスの創造、育成をしていくことを掲げていることに言及しています。フルサービスキャリア以外でJALの強みを活かすことは大きなチャレンジとしたうえで、フィンテックを中心に革新的な取り組みを推進しているSBIグループについて「これから新たな事業領域に参入し、チャレンジしていくには最良のパートナー」と説明しました。
参照URL

Leave a Reply